知っておきたいアノ話

マーケットを翻弄する高頻度取引「HFT」 注目映画が教える投資家への教訓とは

1秒間に何万回という売買を繰り返す高頻度取引「HFT」。知ってはいるけれど自分には関係ない……と思っていませんか? 全米に衝撃を与えた一大プロジェクトが映画化され、HFTの裏側にある真実が描き出されて...

本当は怖い「風説の流布」 実際に処罰された事例を紹介します

相場や企業について根拠のない噂や大げさな表現をすることは「風説の流布」という罪になる可能性があります。では実際に、どういうことをすれば処罰を受けるハメになるのでしょうか。...

「風説の流布」をざっくり解説 安易な書き込みで懲役10年の可能性も!

「あの会社、そろそろヤバいらしいよ」 「○○社が△△社を子会社化するって知ってる?」──さすがは情報通!と周りから認めてほしい気持ちはわかりますが、その情熱がいきすぎるあまり、根拠が薄弱な情報まで流し...

年末年始にオススメの投資本 「勝てる力」が身につく5冊 

世に投資本は星の数ほどありますが、やはり現場でしっかりと実績を残している“名人”に直接教わるのが一番です。そこで、ピーター・リンチ、ウォーレン・バフェットなど世界が誇る著名投資家の本を集めてみました。...

そもそも株って何ですか? あなたが知らない株主のパワーとは

「そもそも株って何ですか?」——そう聞かれたら、あなたはどう答えますか? 「出資して、企業を経済的に応援するもの」というのもひとつの答えですが、この「応援」という言葉には、どこか距離を置いた第三者的な...

もしも相続する遺産の中に「株」があったら? 自動的に分割されない点に注意

「家族に内緒で株をやっている」という人は、意外と多くいます。もし遺産の中に証券会社の口座があったら、残された家族はどうすればいいでしょうか。亡くなった方を除いて株と縁のない家庭だったら、一体どうすれば...

年末年始におすすめ! 投資家ならやっぱり観ておきたい映画5選

株や投資をテーマにした映画は、「勉強になるから」と勧められて観たものの「よくわからなかった……」という人が多いのも事実です。そこで今回は、「ここさえ理解できればもっと深くストーリーを楽しめる」というポ...

インサイダー取引・実例17選 「私はこれで、課徴金を科されました」

インサイダー取引は、金融商品取引法によって、最高で懲役5年と罰金500万円の両方が科されうる重罪です。その要件は、「会社関係者等や第一情報受領者」が「上場会社等に関する重要事実」を「知り」ながら「公表...

『四季報』のユニークな見出しに込められた、深〜い意味

3000社を超える上場全社の情報を網羅した『会社四季報』(東洋経済新報社)。ライバルの『日経会社情報』(日本経済新聞社)が2017年3月発売号を最後に休刊、電子版に移行したため、もはや『四季報』の無双...

気になる相続対策その2 相続が始まる前にしておけること

株をやるなら必ず押さえておきたい相続の基礎知識を、集中連載で解説しています。前回は、相続対策のうち、相続が始まった後にできることを説明しました。最終回の今回は、相続が始まる「前」にできることについて解...

気になる相続対策その1 相続が始まった後にできること

株をやるなら必ず押さえておきたい相続の基礎知識を、集中連載で解説しています。前回は、相続手続きのスケジュールを説明しました。今回は、誰もが気になる相続対策の方法について解説します。...

ロボアドバイザーに死角はないのか? その魅力と注意点をチェック

いま、世の中は空前のAIブーム。株の世界でも、「フィンテック(Fintech)」という言葉とともに、最新技術を駆使した(ように謳われている)ものとして「ロボアドバイザー」が注目を集めています。すでに2...

意外と知らない相続のスケジュールと、手続きの注意点

株をやるなら必ず押さえておきたい相続の基礎知識を、集中連載で解説しています。前回は、「相続税」の計算方法と遺産分割のポイントを説明しました。今回は、相続手続きの一般的なスケジュールについて解説します。...

相続税はいくらになるのか? 計算方法と遺産分割のポイント

株をやるなら必ず押さえておきたい相続の基礎知識を、集中連載で解説しています。前回は、「相続人」の序列とその割合について説明しました。今回は、「相続税」の基本的な計算方法について解説します。...

だれが相続人になるのか? 法定相続人の序列とその割合

株をやるなら必ず押さえておきたい相続の基礎知識を、集中連載で解説しています。前回は、「相続」とはどういう制度なのかを説明しました。今回は、だれが「相続人」となるのかを見ていきます。...

株をやるなら必ず押さえておきたい「相続」の基礎知識

株をはじめとした資産運用をしている方なら気になるのが「相続」です。させる(・・・)場合でも、する(・・)場合でも、いざ実際にそうした状況が迫ってこないと真剣に考えられない人も多いでしょうが、いざという...

巷で絶賛中のiDeCo でも実は、気をつけたい落とし穴もいっぱい

新しくなった個人型確定拠出年金、通称「iDeCo(イデコ)」。その節税効果の高さから、「最強の節税術」「絶対に儲かる資産運用法」などと巷では絶賛されているようですが、実は、すべての人に手放しで勧められ...

インサイダー取引をざっくり解説 わかりにくいのにペナルティが厳しいのはなぜ?

みなさんは株を売買する際、どのような情報源をもとに判断していますか? 株価の上昇や下落に繋がりそうな情報を誰よりも早く掴み、先回りして売買したいものです。しかし、先回りの度が過ぎてしまえば、金融商品取...

確定申告していますか? 実は、納税しなくてもいい場合もあるんです

国民3大義務のひとつ「納税」。株式取引で得た所得も例外ではありません。「源泉徴収」や「確定申告」「計算」「書類提出」……これらの単語を聞くだけで眩暈がする人から、こういうの嫌いじゃないぜ!という人まで...

鍋敷きにしない『四季報』活用法 見るべきはページの“隅っこ”

1936年(昭和11年)創刊、今年で80周年になる雑誌『会社四季報』は、個人投資家がインターネットで投資情報を楽に収集できるようになった今でも、書店にずらりと平積みされるベストセラーです。しかし、分厚...

1社当たり0.6円! 投資家のバイブル『会社四季報』の5つのチェックポイント

上場企業3600社の情報が、たった2060円(税込)で買えます。しかも、「週刊東洋経済」でおなじみの東洋経済新報社の記者が取材したコメントと業績予想までついて、このお値段。あまりの分厚さ(辞書レベル)...

お知らせ

「株の窓口」ではライター/編集者を募集しています。詳細はこちらから。
ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」に配信中。「経済」「マネー」ジャンルから株窓をチェック!
SmartNews(スマートニュース)
国際的ニュース週刊誌「Newsweek(ニューズウィーク)」日本版ウェブサイトに記事を提供しています。
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト