インサイダー取引をざっくり解説 わかりにくいのにペナルティが厳しいのはなぜ?

みなさんは株を売買する際、どのような情報源をもとに判断していますか? 株価の上昇や下落に繋がりそうな情報を誰よりも早く掴み、先回りして売買したいものです。しかし、先回りの度が過ぎてしまえば、金融商品取引法166条で定められた「インサイダー取引」という犯罪になってしまいます。

続きを読む

ラップ口座は有益? 金融機関は教えてくれない効率的な資産運用のススメ

「投資は手間もかかりそうだし、むずかしそう……」と思っていませんか? でも、それは誤解です。投資は決してむずかしいものでもなければ、手間をかけなくてはいけないものでもありません。たしかに、最初は勉強しなくてはいけないこともありますが、基本さえ理解すれば、やるべきことは簡単でシンプルです。

続きを読む

資産運用は余裕資金で行うべき? なかなか投資できない人の大きな誤解

「余裕資金はありますか? それはいくらですか?」と聞かれて、すぐに答えられる人はどのくらいいるでしょうか。資産運用を始めようとすると、マネー雑誌でも、書籍やウェブサイトでも、金融機関の窓口でも、「資産運用は余裕資金でやりましょう」とまるで判を押したように言われます。

続きを読む

言葉がわかれば理解が進む! 最初に覚えるべき投資用語14選

「ボーナス(あるいは退職金など)で少しまとまったお金が手元に入った。銀行に貯金しても増えないため、ここはそろそろ株式投資を始めてみようかな」

きっかけは様々ですが、実際に株式投資を始める方は年々増加しています。

しかし、いざ一歩進もうとすると、英語の勉強と同じく「単語の意味がわからない!」となって、それ以上は前に進めない事態に陥ってしまいがちです。

続きを読む

イキナリ大きな損失を出さないために絶対知っておくべき5つのポイント

株式投資は知らないことだらけの世界です。用語も作法もはじめてのことだらけ。しかも大切に貯めてきた「お金」を投じるとなると、慎重にならざるを得ませんよね。

そこで、多くの人が共通して「つまずく」ポイントを、ステップにあわせてご紹介します。事前にわかっていれば、みなさんも投資初心者としての第一歩を、きっとスムーズに踏み出せるのではないかと思います。

続きを読む

【初心者必読】たったふたつだけ、ローソク足の簡単な見方<実践編>

たったふたつだけ、ローソク足の簡単な見方<基礎編>において、ローソク足の基本的な見方について学んできました。しかしながら、まだ実践で使える段階には至っていません。

ローソク足は、すべての出来事が織り込まれて、これからの株価の方向を占うことが出来る素晴らしいツールです。ここからは実際の株式投資への活用法を学んでいきましょう。

続きを読む

【初心者必読】たったふたつだけ、ローソク足の簡単な見方<基礎編>

全ての出来事はチャートに反映される。

株式投資をする際、指標となる情報やツールは様々あります。その中でも株価の動きを記録したグラフ、即ち「チャート」は全ての投資家にとって欠かせない存在です。なぜならば、株式市場において発表されたニュースや決算情報など全てが瞬時に株価へ反映されるからです。それを見やすく描いてくれるもの、それが「チャート」なのです。このチャートには様々な種類がありますが、その中でも広く使われてるのが「ローソク足」です。そしてなんとこのローソク足は江戸時代の日本で生まれ、米相場の取引にも利用されていたという歴史を持っています。世界中で使われている日本が誇るmade in japanがここにもひとつあったのです。

続きを読む