岡田禎子

[おかだ・さちこ]証券会社、資産運用会社を経て、ファイナンシャル・プランナーとして独立。資産運用の観点から「投資は面白い」をモットーに、投資の素晴らしさ、楽しさを一人でも多くの方に伝えていけるよう活動中。個人投資家としては20年以上の経験があり、特に個別株投資については特別な思い入れがある。さまざまなメディアに執筆するほか、セミナー講師も務める。テレビ東京系列ドラマ「インベスターZ」の脚本協力も務める。日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、ファイナンシャル・プランナー(CFP) 株窓アワード2020

上方修正で上がる株・下がる株 業績修正が株価に与える影響とは

《個人投資家は「上方修正」という言葉が大好き。なぜなら「上方修正=株価が上がる」という共通のイメージがあるからです。しかし、実は株... 

金利と株価の「密」にご用心 長期金利の上昇で上がる株・下がる株とは

《2021年2月末のアメリカの長期金利の急上昇によって、日米ともに株価が大きく調整したことは記憶に新しいところです。では、なぜ金利... 

バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る、日経平均株価の30年

世の中みんなバブルだった 「日経平均株価、本日も最高値を更新しましたー」 威勢の良い声とともにドッと拍手が沸き起こる──これは、3... 

あの高配当株もついに減配 コロナ禍に狙うべき意外な銘柄は…

《多くの配当金がもらえる「高配当株投資」は個人投資家に高い人気がありますが、銘柄選びを誤ると大失敗するリスクも高いのが怖いところ。... 

一躍ブームの「ESG投資」は儲かるのか? 真のパフォーマンスを探る

《新型コロナウイルスの感染拡大で一気に加速したESG投資。とはいえ、個人投資家として最も気になるのは「結局、ESGは儲かるのか?」... 

やっぱりIPOには夢がある! 過去最高も出た、2020年・初値上昇額ランキング

《コロナ禍におけるIPO市場はどうだったのか。公募割れや上場中止が相次ぐ一方で、過去最高の初値上昇率も誕生。IPOバブルから上場ラ... 

いま人気の株を「一目で見分ける」ことができるたったひとつの方法(後編)

〈前編はこちら〉 出来高は「投資家心理」を映す鏡 誰だって「他の人が買っている株」「みんながいま注目している銘柄」は気になるでしょ... 

いま人気の株を「一目で見分ける」ことができるたったひとつの方法(前編)

みんなはどの株を買っているのか? 株式投資を始めたばかりの人にとって最大の悩みは、「どの銘柄を買ったらいいかわからない」ということ... 

IPOに当選しなくても大丈夫。セカンダリー投資ならチャンスは何度でもやってくる

《当選ありきのIPO投資には「どうせ当たらないでしょ」と思っている人も多いかもしれません。でも、上場後にやってくる2度目のチャンス... 

【今年の3本】最も株高・株安になりやすいのは何月? 意外と知らない株式相場のパターンとは

《「今年の3本」と題して、2019年に特に多くのアクセスを集めた3つの記事を再掲載しています。株っていつ上がるの?」「いつ買えばい... 

東証1部昇格の基準変更で株式市場はどう変わる? 出世株を逃さない秘訣とは

《近年、マザーズから1部昇格を果たす企業が増えて、株式市場のサクセスストーリーとして注目されてきました。しかしながら今年11月の基... 

株価が「お買い得」な銘柄を探すことができる、たったひとつの方法(後編)

(前編はこちら) PERが低い株を買えば正解? 世界中の投資家が、株価の「安い」「妥当」「高い」を判断するために共通して使っている... 

株価が「お買い得」な銘柄を探すことができる、たったひとつの方法(前編)

株価はいくらが妥当なのか、知っていますか? 映画プロデユーサーのA氏。次回作の主演として、いま人気急上昇中の某アイドルに出演交渉し... 

半年で株価800%! 「新興株投資」の魅力と押さえておきたい注意点

《新興株に高い関心が集まっています。未曾有の危機をきっかけにした成長期待の高い銘柄が多く、その期待感からテンバガー(10倍株)も生... 

グロース株の優位からバリュー株の反撃へ? 相場の変化を捉えるには

《コロナショックで一段と加速したグロース株優位の株式相場が、ここに来て失速し、いよいよバリュー株の巻き戻しが始まるのでは……と囁か... 

次なる大化け銘柄はどこに? 上昇トレンドを見抜く鍵は「新高値」

《株式投資では「株価が安いときに買って、高くなったら売る」のが〝テッパン〟ですが、「安い」ばかりを見ていては上がる株は見つけられま... 

少ない元手で急激に資産を増やせる「信用取引」の魅力と注意点

最強の武器となり得る信用取引 「株を始めたのはいいけれど、まだ資金が少ないから全然お金が増えない……」「欲しい株が大きく下がってい... 

株式投資で「着実にお金が入る」たったひとつの方法

個人投資家Hさんは、いつものんびりハワイに行ったりゴルフをしたりと、一向に売買をしている気配がありません。「何もしなくても着実にお... 

トヨタを買って大丈夫?
お知らせ
» ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」に配信中。「経済」「マネー」ジャンルから株窓をチェック!
SmartNews(スマートニュース)
» 国際的ニュース週刊誌「Newsweek(ニューズウィーク)」日本版ウェブサイトに記事を提供しています。
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト