記事一覧

「人気のある会社への投資」はなぜ失敗するのか? 儲かる株を見抜くポイントと意外な買い時

《株で勝てる人と勝てない人は一体どこが違うのか? 実は、どちらにも「共通点」があります。30年以上の実績をもつファンドマネージャーが「一流の投資家」の... 

いま人気の「高配当株」 買う前・売る前に気をつけておきたいこと

《インフレ加速による金利上昇懸念からPERの高いグロース株が売られ、配当利回りの高いバリュー株が買われる傾向にあります。ただ、高配当であっても業績の悪... 

日銀の為替介入で相場はどうなるか? 歴史が教えてくれることは…

《東京証券取引所が立つ日本橋・兜町。かつての活気は、もうない。だがそこは紛れもなく、日本の株式取引の中心地だった。兜町を見つめ続けた記者が綴る【兜町今... 

円安の進行に思う「円相場と戦った経営者たち」 兜町が目撃した村田製作所とユニデンのその後

《東京証券取引所が立つ日本橋・兜町。かつての活気は、もうない。だがそこは紛れもなく、日本の株式取引の中心地だった。兜町を見つめ続けた記者が綴る【兜町今... 

公募割れが多発する2022年のIPO市場 最も多いのはみずほ、では公募割れゼロの証券会社は?

主幹事ランキングで振り返るIPO 2022年は8月までに計43銘柄がIPO(新規株式公開)を行いました。 そこで今回は、2022年8月までのIPOにお... 

好調なJAL・ANAと出遅れるトヨタ 高値更新の銘柄とともに出遅れ株が注目される理由

戻り相場で高値更新 ウクライナ問題や各国の利上げ、コロナなど外部環境で年初から低迷していた日経平均株価やアメリカ株が意外な戻り相場を演じています。 日... 

「損切りは早く、利食いは遅く」 10倍株に出会えない投資家が見逃していること

《株で勝てる人と勝てない人は一体どこが違うのか? 実は、どちらにも「共通点」があります。30年以上の実績をもつファンドマネージャーが「一流の投資家」の... 

投資信託とETFにはどんな違いがある? 初心者におすすめなのはどっち?

投資信託とETFにはどんな特徴と違いがある? 株式投資をはじめようと考えている方は、「投資信託」と「ETF」という2つのワードを聞いたことがあるのでは... 

いま株式市場で大注目の「政策銘柄」 リスキリング、GX、防衛力強化で上がる銘柄とは

《世界景気の不透明感が強まる株式市場で注目を集めているのが「政策銘柄」。その背景と具体的な注目銘柄、そして注意点を解説します》 「政策に売りなし」は本... 

上向きの日本株を襲った強烈パンチ 向かい風の中でプロが注目し続ける銘柄とは

《日々相場と向き合うプロトレーダーは今どんな銘柄に注目しているのか? オンライン株式スクール「株の学校ドットコム」講師の窪田剛さんが、3つのランキング... 

波乱か、それとも底堅いか。気になる9月相場の特徴とは【今月の株価はどうなる?】

《株式市場には、一定の季節性や、法則というわけでもないけれど参考にされやすい経験則(アノマリー)など、ある種のパターンが存在します。過去の例からひもと... 

コロナ禍に現れたわたしのヒーロー! 愛するコメダと歩む「最強の投資家」への道

《株式投資の魅力はやっぱり個別株。それも、とことん愛して一途な想いを遂げてこそ、その奥深い面白さを実感できます。個別株投資という“沼”にハマった筆者が... 

AIと夜間取引で大きく変わった相場で個人投資家がやるべきは、予想が外れても損をしないこと

《テクニカル分析で勝ち続けるには、結局のところ何が必要なのか? 20年以上にわたって値動きと向き合い続けるテクニカルアナリストが、その本質について考え... 

ユニクロ850万円、アップルは2万円… 個人投資家がなかなか増えないのは「単元株制度」のせい

《日本の個人金融資産が2000兆円を超えたものの、そのほとんどは現金・預金。なぜ、いつまでも株式投資が浸透しないのか? その理由のひとつと考えられる「... 

守って攻める。攻めて守る。株式市場で勝ち残るためのファンドマネージャーおすすめ戦略

《株で勝てる人と勝てない人は一体どこが違うのか? 実は、どちらにも「共通点」があります。30年以上の実績をもつファンドマネージャーが「一流の投資家」の... 
お知らせ
» NTTドコモのマネーポータルサイト「dメニューマネー」に記事を提供しています。
dメニューマネー
» 国際的ニュース週刊誌「Newsweek(ニューズウィーク)」日本版ウェブサイトに記事を提供しています。
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
» ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」に配信中。「経済」「マネー」「株・投資」ジャンルから、かぶまどをチェック!
SmartNews(スマートニュース)
トヨタを買って大丈夫?