スペシャル企画

【今年の3本】最も株高・株安になりやすいのは何月? 意外と知らない株式相場のパターンとは

2019年の株式相場は、泣いても笑っても本日で終わり。今年を振り返りつつ、来たる新年へと期待をつなげるべく、一年を通して最もよく読まれた記事...

【今年の3本】アメリカが利下げすると日経平均は? FRBの金融政策が日本の株価に与える影響とは

「今年の3本」と題して、2019年に特に多くのアクセスを集めた3つの記事を再掲載しています。2本目は、7月末に約10年半ぶりとなる利下げが決...

【今年の3本】プロが解説! 出来高と売買代金が教えてくれる「数値から測れないもの」とは

もうすぐ2019年の株式市場も幕を下ろします。そこで「今年の3本」と題して、一年を通じて特に多くの読者に読まれた3つの記事を再掲載します。1...

「株窓アワード2019」を開催 今年最も読まれた記事は?

2019年も残すところわずかとなった12月某日、都内で「株窓アワード2019」が開催されました。日頃、当サイトに原稿をお寄せいただいている執...

インバウンド、5G、太陽光… 2019年に期待を集めた注目テーマと銘柄たち

2019年も様々なテーマが投資家・トレーダーたちの注目と期待を集めました。「株の窓口」執筆陣が選ぶ「2019年いちばん私をアツくさせた銘柄」...

ハブ、オービック、エディア… 2019年相場を人知れず盛り上げた銘柄たち

株式市場を賑わせるのは、誰もが注目する大型株だけではありません。様々なテーマや業界ごとに、話題を振りまき、株価を大きく動かせて、相場を盛り上...

ZOZO、日産、ソフトバンクG… 2019年、投資家に教訓を与えた銘柄たち

2019年も実に多くの銘柄が株式市場をにぎわせてくれました。そこで「株の窓口」執筆陣に、「2019年いちばん私をアツくさせた銘柄」についてア...

プレイバック平成! 激動の株式市場と、時代を彩ったあの銘柄たち

史上最高値から世界的な経済危機へ──まさに激動だった平成の株式市場。この30年の相場を、投資家・トレーダーはどう見つめ、どのようにして生き延...

【株と平成と私】相場を見つめて30年、やっと見つけた「勝てる成長株」

いよいよ「平成」が幕を下ろします。この時代の始まりとともに株の世界に足を踏み入れ、刻々と変化する時代の中で着実に力を磨いてきた個人投資家が、...

【株と平成と私】繰り返す暴落を生き延びた投資家が思う「令和へ」の期待

平成は暴落の歴史だった──そう語るのは、次々と株式市場を襲う暴落の中でキャリアを築いてきた個人投資家。「株は下がるもの」という教訓を嫌という...

【株と平成と私】FXから仮想通貨へ──アベノミクスでハイになって学んだこと

平成を賑わせた相場の中には、「FX」「仮想通貨」といったキーワードも必ず登場します。これらをきっかけに「投資」というものに初めて触れた人も多...

【株と平成と私】SNSとゲームで一世を風靡した、あの銘柄の思い出

「平成」という時代を語ろうとしたとき、何を思い出すかは人それぞれ。投資家・トレーダーであれば、リーマンショックなどの暴落がどうしても頭をよぎ...

【株と平成と私】ライブドアショックとリーマンショックが教えてくれた真実

平成の株式市場を語る上で欠かせない「ライブドアショック」と「リーマンショック」。この2つの嵐を生き延び、今も第一線で活躍するプロトレーダーは...

日産、スルガ銀、武田薬品… 2018年に投資家を最も慌てさせた銘柄

2018年の株式市場もまもなく終わり。株の窓口の執筆陣に「今年いちばん印象に残った銘柄」を挙げてもらいました。世間をにぎわせたわりに期待外れ...

メルカリ、ZOZO、ソフトバンク… 2018年の株式市場をにぎわせた銘柄たち

株価はまだまだ気の抜けない動きをしていますが、2018年の株式市場もまもなく終わります。そこで、株の窓口の執筆陣に「今年いちばん印象に残った...

2019年こそ勝ち残るために、これだけは読んでおきたい

「勝因はない。あるのは敗因だけだ」──これは、将棋や麻雀などでよく使われる言葉です。株の場合、やはり大失敗したことによる「退場」が多いのでは...

2018年に最も読まれた記事 第1位は秘かな大変革が連覇達成

今年10月1日をもって、東京証券取引所に上場するすべての株式の売買単位(単元)が100株に統一されました。銘柄ごとに徐々に進められてきた変更...

2018年に最も読まれた記事 知らずに慌てる人続出で第2位に

「株の窓口」で今年最も読まれた記事をランキングでご紹介しています。株を長年やっている方でも意外と知らない場合が多い「株式併合」の記事が第2位...

2018年に最も読まれた記事 みんな気になるアノ話が第3位

「株の窓口」で今年最も読まれた記事をランキングでご紹介します。第3位は、当サイトの中でも特に検索からのアクセスが多い「インサイダー取引」の記...

【独占インタビュー】島田洋七さんに聞く、“自己流投資家”の株の楽しみ方

株は「楽しみながら」が洋七流 お笑いコンビB&Bとして1980年代の漫才ブームを牽引し、近年は、累計700万部を超えるベストセラー『佐賀のが...

お知らせ

「株の窓口」ではライター/編集者を募集しています。詳細はこちらから。
ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」に配信中。「経済」「マネー」ジャンルから株窓をチェック!
SmartNews(スマートニュース)
国際的ニュース週刊誌「Newsweek(ニューズウィーク)」日本版ウェブサイトに記事を提供しています。
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト