銘柄選びのポイント

急増する自社株買い。株価が急上昇する銘柄の共通点とは?

《2022年度に入って増加している上場企業による自社株買い。自社株買いは投資家にどんなメリット・デメリットがあるのか。投資する際のポイント・注意点とあ... 

成長株か、割安株か。あわせて考えたい「シクリカル株」「ディフェンシブ株」とは

《成長株を狙うか、割安株に懸けるか──ここにもうひとつ別の視点を加えることで、また違った銘柄分析ができるようになります。相場の雰囲気をつかむために知っ... 

自社株買いで株価はどうなる? 上がる株・下がる株の命運を分けるものとは

《株主還元策のひとつとして増えている「自社株買い」。そもそも自社株買いとは? 個人投資家にとってのメリットと注意点を確認しましょう》 自社株買いのメリ... 

それでも円安は日本株にプラス! 不穏な相場で光る円安メリット銘柄に注目

《急激な円安は日本経済にとってはデメリットが大きいものの、マーケットの視点から見ると、むしろプラスの側面が大きいそうです。なぜか? 注目の円安メリット... 

円安だって怖くない? 中小型株で大きく稼ぐための3つのポイントとは

《世界情勢や為替動向に大きく揺れる株式市場。でも、そうした影響をあまり受けることなく、着実に、時には一気に、株価を伸ばす銘柄たちがあります。そんな中小... 

IPO株投資「夢の時代」はもう終わり? 初値上昇額から見えてくる、儲かるIPO株の共通点

《世界的なワクチン接種の広がり、東京オリンピック開催、中国市場の動揺、岸田政権の発足、オミクロン株の感染拡大……と社会情勢が劇的に変化する中、2021... 

ファストリ、モノタロウ、レノバも… 安値更新は果たして「買い」のサインなのか?

安値更新について考える アメリカ市場のS&P500、ダウ平均株価などが過去最高値圏で推移するなか、日本株の出遅れが目立つ結果となった2021年... 

いまが狙い時の高配当株 買っていい銘柄・いけない銘柄を見分けるには

高配当株をいま狙うべき理由 新たな変異株・オミクロン株の出現や、米FOMC(連邦準備制度理事会)によるテーパリング(量的緩和縮小)の加速などによって、... 

株式市場でも話題の「メタバース」 期待される理由と注目の関連銘柄は?

《フェイスブックの社名変更で一躍注目を浴びた「メタバース」。株式市場でも投資テーマとして注目されており、関連銘柄とされる銘柄が急騰するなど投資家の関心... 

ランキングで見る株式市場 プロが2022年相場で注目する銘柄とは

ランキングで振り返る2021年相場 2021年の日経平均株価は始値27,649円、安値26,954円、高値30,795円、終値28,791円と推移しま... 

宇宙、メタ、暗号資産… 2021年相場で急騰した銘柄とその教訓

急騰劇を演じた3つの銘柄 アメリカ株に比べ、日本株の上値は重い一年でした。アメリカを代表する株価指数であるダウ平均株価は20%近く値上がりしたのに対し... 

強さを見せた日経平均 2022年相場に向けてプロが一層注目する銘柄とは

12月相場を振り返って 急落して終わった11月から一気に反転し、強いとは言えないまでも、日経平均株価は月間で3.5%ほど上昇する強さを見せました。反対... 

海運株、半導体、新生銀… 2021年の株式市場をにぎわせた銘柄たち

《コロナ禍に入って2年目となった2021年。株式市場ではバブル後の最高値を更新する場面もありましたが、具体的にどんな銘柄が注目を集めていたのでしょうか... 

DX銘柄は本当に儲かるの? 政府も強力プッシュの国策テーマ株の実力

いま最強の国策テーマ! 新型コロナウイルスの感染拡大によって企業のデジタル化・DXが前倒しで加速し、伝統産業や岩盤市場にも変革が起きようとしています。... 

変異株で高まる不安 それでもプロがずっと強気で見ている銘柄とは

11月相場を振り返って 選挙も終わり、日経平均株価は3万円を超えられないまでも高い位置で安定していましたが、最終週に新型コロナウイルスの変異種が見つか... 
お知らせ
» ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」に配信中。「経済」「マネー」ジャンルから、かぶまどをチェック!
SmartNews(スマートニュース)
» 国際的ニュース週刊誌「Newsweek(ニューズウィーク)」日本版ウェブサイトに記事を提供しています。
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
トヨタを買って大丈夫?