銘柄選びのポイント

「とりあえず任天堂を買おう」で大丈夫? 銘柄選びに欠かせない大事な話

よく売買代金の上位に名前が登場する企業と言えば、日本を代表するゲームメーカーの任天堂<7974>です。マリオもポケモンも、日本だけでなく世界中で大人気ですから、やっぱり株の銘柄としても大人気になってい...

マーケットで注目される「なでしこ」とはどんな銘柄か?

このところ株式市場で注目され始めている「なでしこ銘柄」をご存じでしょうか? 経済産業省と東京証券取引所が選定する「女性の活躍推進に優れた企業」のことです。 なぜ国と東証が企業の選定をするのか? そもそ...

AI関連株は本当に買い? 4つの注目銘柄から可能性と注意点を探る

今、急速に日常生活に普及し始めている「AI(人工知能)」。株式市場でも、AI関連株は有力な投資テーマとして注目度が高まっています。超成長市場だからこそ、銘柄選びは慎重に行いたいものです。話題の銘柄と、...

株式投資の王道、ファンダメンタルズ分析の基本の“き”

「調査なしの株式投資は、カードを見ずにポーカーをするようなものだ」——これは、アメリカの著名な投資家であるピーター・リンチの言葉です。株というゲームのテーブルにつくには、カード(銘柄)を調査する仕方を...

IPO公募割れ銘柄の復活劇に見る「セカンダリー投資」の醍醐味

IPO(新規上場)は、いわばアイドルのデビューイベントのようなもの。勢いのある若手の新人(銘柄)が華々しく誕生し、そのチケット(株)には2倍、3倍の値がつきます。しかし、デビュー後には一時の熱狂も静ま...

コーポレートガバナンスを見るときに思い出したい東芝のこと、セブンのこと

株の世界でも、「コーポレートガバナンス(企業統治)」という言葉をよく見かけるようになりました。たしかに、統治体制がしっかりしていれば業績は上がり、それにともなって株価も上がっていくだろうと期待するのは...

【人気企業の正体】ソニーとホンダはどこが違う? 株価と人気の行方を追う

株の銘柄選びに「なんとなく」は禁物です。そうとわかっていても「たぶん良いと思う」「きっと悪くない」と判断してしまうのは、「人気企業」という目に見えないラベルを、黄門様の印籠のごとく感じているからかもし...

JINSは4年で154倍! 爆騰する中小型株に出会えるお宝発掘法

株に馴染みのない人や株初心者にとっては、株と言えば「トヨタ」や「任天堂」といった大型株が思い浮かぶかもしれませんが、いま、日本には4,000近くもの銘柄があります。そのなかで、個人投資家にとって「宝の...

トヨタやイオンはもう卒業? 中小型株という「宝の山」の魅力を解説

株式投資と始めようと思ったとき、どのような「銘柄」が思い浮かぶでしょうか? 多くの人にとって「株」といえば、トヨタ自動車<7203>、みずほフィナンシャルグループ<8411>、イオン<8267>など誰...

【そのとき株価が動いた】企業の不祥事で株価はどうなる? ぴあとベネッセを比べてみた

談合、贈賄、隠蔽、改竄、偽装、粉飾決算、不正会計、環境汚染……企業がやらかす不祥事は呆れるほど豊富です。とはいえ、もちろん個人投資家が気になるのは株価への影響について。...

まさかの公募割れ!を回避する 「損しないIPO銘柄」の見極め方

IPO投資は「当選すれば儲かる!」と人気の手法です。抽選に申し込んでも当選することはまれですが、だからこそ運良く当選した場合には、ついつい飛びついてしまいがち。ところが、いざ上場してみると……まさかの...

「トヨタを買っておけば大丈夫」ってほんと? 銘柄選びの常識・非常識

株式投資を行うときに必要なのは「根拠」です。「とりあえずトヨタ自動車の株を買っておけばいいんじゃないか」と思う方は少なくないでしょうが、その根拠は「儲かっていて、安定していそう」でしょう。しかし、はた...

株の失敗にもつながる「情報の非対称性」ってナンダ!?

「情報の非対称性」という言葉をご存じでしょうか? 経済学の用語で、売る側と買う側では持っている情報量が違うため取引が不公平になってしまう状況のことを言います。実はこれ、株での失敗を防ぐためにも、とても...

最高益でも株価低迷の怪 投資家が身につけておきたい「増資」の視点とは

「株を買うときは業績を見る」——株式投資の基本ですが、業績が右肩上がりだからといって株価も単純に右肩上がりになるなら、株で苦労する人などいません。「業績上昇=株価上昇」にならない理由はいくつかあります...

おいしい株主優待に隠された「思惑」を、企業の視点で考える

株主優待をフル活用して生活する人がテレビ番組で取り上げられ、多くの人が興味を持つようになりました。しかし、株主優待には気を付けないといけない点もたくさんあります。おいしい優待をつける企業側の思惑を理解...

上場企業のお家騒動から、投資家目線で「親子問題」を考える

創業家(者)と経営陣の対立は、ドラマの中だけの話ではありません。出光興産<5019>では、昭和シェル石油<5002>と合併したい経営陣と、合併反対の創業家が対立の最中にありますし、経営方針をめぐる親子...

急増する株式併合 その目的は? 株価と株主への影響は?

2017年9月27日の朝、シャープ<6753>の株価が10倍になっていた! 「あのシャープが、まさかのテンバガー?」とびっくりした方もいるかもしれません。もちろん、違います。株価が10倍になったのは、...

意外と身近な「テンバガー」 大化けする銘柄の傾向を見抜く

「テンバガー(10倍株)を見つけるには、まず自分の家の近くから始めることだ」——これは、アメリカの伝説的なファンド・マネージャー、ピーター・リンチの言葉です。投じたお金が10倍に膨れ上がるなんて、投資...

PBR1倍割れは本当にバーゲン価格? 見方を変えて「万年割安株」を回避する

株式投資を始めたばかりのAさん。「PBR」という指標を知り、「なるほど、PBR1倍割れは割安株なのか!」と、さっそくスクリーニングを行います。そしてPBR1倍以下の銘柄を見つけて投資し、“バーゲン価格...

年利3%以上も! 高配当をゲットできる銘柄の間違わない探し方

株式投資における利益のうち、企業が利益を株主に分配するのが「配当」です。配当ゼロという企業もあるなかで、3%を超える高配当利回りの銘柄もあります。「高配当になりがちな銘柄」にはどんな特徴があるのか、ま...

割安・割高を見るだけじゃない、PERの“正しい”使い方

この銘柄は割安か? それとも割高か?——という判断に迷ったときに「世界共通の便利な物差し」となっているのが、PER(株価収益率)です。しかし本来、PERには様々な論点があり、これだけで一冊の本が書ける...

PER・PBRの裏に隠された真実…… ROEとの密かな三角関係とは?

株価を調べる際の指標で最も有名な「PER」と「PBR」は、投資家にとってのいわば「共通言語」。しかし実は、うまく利益に結び付けられていない人も多いのではないでしょうか? 重要なのは、数字の裏側にある“...

株式分割は本当にプラス効果? あの“高嶺の花”にも手が届くけれど

株式投資をしていると、成長性が高く人気のある銘柄は、株価がどんどん上昇してしまい、「高嶺(高値)の花」とあきらめるしかないケースがよくあります。ところがある日、そんな高嶺の花だった銘柄の株価が、自分の...

未来のアップル株を探そう! 成長株を見分ける5つのポイント

「人生はチョコレートの箱のようなものだ。開けてみるまで中身はわからない」——これは、1994年公開の映画「フォレスト・ガンプ」に出てくる言葉です。自分の運命に迷う主人公に、死を間際にした母親が「自分の...

友だち追加

お知らせ

ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」にも配信中! 「経済」「マネー」ジャンルから株窓をチェック!
SmartNews(スマートニュース)
小学館の雑誌「マネーポスト」ウェブサイトと、株の窓口の提携がスタートしました!
マネーポストWEB
国際的なニュース週刊誌「Newsweek(ニューズウィーク)」日本版ウェブサイトでも、株の窓口の記事をお読みいただけます!
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト