取引のテクニック

株式投資にアノマリーは役立つ? トレーダーがやっている1週間の相場予測

《株の世界には様々な「アノマリー」があります。必ずしもアノマリーどおりに動くわけではありませんが、成功するトレーダーは曜日ごとのアノマリーも意識して、... 

公募割れが多発した2021年上期のIPO市場を振り返る

《2021年上期のIPO(新規株式公開)の数は53社(TOKYO PRO Marketを除く) で、2008年のリーマンショック以降の上期で最多となり... 

ソニーの株価が下がった理由は? いまこそ知りたい決算発表と株価の基本

《一年のうち最も株価の変動が大きくなるのが決算発表のシーズン。誰もが注目する一大イベントですが、決算内容が芳しくないにも関わらず株価が上昇したり、好決... 

上方修正のタイミングと、上がる株・下がる株の違いとは

《個人投資家は「上方修正」という言葉が大好き。なぜなら「上方修正=株価が上がる」という共通のイメージがあるからです。しかし、実は株価が下がる場合も大い... 

「株は連想ゲーム」で勝つ人・負ける人の差を考えてみる

《株式投資は連想ゲーム──株価は需給や金利、社会情勢など多種多様な理由で変動するため、よくこのように言われます。しかし、だれもが思いつくような単純な連... 

優良銘柄なのに株価は低迷……その原因は「オーバーハング」かもしれない

《好業績なのに株価が下落したり、業績がパッとしないのに株価が上昇したり……。時に不可解な動きを見せる株式市場ですが、優良銘柄に実力以下の低い株価がつく... 

やっぱりIPOには夢がある! 過去最高も出た、2020年・初値上昇額ランキング

《コロナ禍におけるIPO市場はどうだったのか。公募割れや上場中止が相次ぐ一方で、過去最高の初値上昇率も誕生。IPOバブルから上場ラッシュまで激動の一年... 

2月・3月の相場はどうなる? 経験則から見えてくる要警戒ポイントとは

過去の経験則に学ぶ「相場のパターン」 株式市場には「アノマリー」と呼ばれるものがあります。経済学やマーケット理論では説明できない、経験則で観測できるマ... 

IPOに当選しなくても大丈夫。セカンダリー投資ならチャンスは何度でもやってくる

《当選ありきのIPO投資には「どうせ当たらないでしょ」と思っている人も多いかもしれません。でも、上場後にやってくる2度目のチャンスがセカンダリー投資。... 

東証1部昇格の基準変更で株式市場はどう変わる? 出世株を逃さない秘訣とは

《近年、マザーズから1部昇格を果たす企業が増えて、株式市場のサクセスストーリーとして注目されてきました。しかしながら今年11月の基準変更により、そのハ... 

次の波はいつ来るの? 急騰狙いの投資がうまくいかない理由

《株式投資は本来、とても堅実な資産運用です。でも、なかには、とても投資とは呼べないようなやり方をしてしまっている人もいます。ひょっとしてあなたも、株価... 

11月・12月の相場はどうなる? トレーダーが年の瀬に心配していること

転換点となりやすい11月相場 11月は、相場の転換点になりやすい月です。上旬から中旬は弱めでも、第4木曜日のサンクスギビング・デー前後が転機となり、1... 

その材料、オイシイのはいつまで? 材料の賞味期限が株価に与える影響とは

《株価の変動に影響を与えるできごとを「材料」といいます。材料のなかには、短期的な影響で終わるものと、長きにわたって影響を与え続けるものがあります。影響... 

初心者必見! 決算発表シーズン、どう立ち回るのが正解?

《株初心者の1年目は、目まぐるしく変動する株式相場に一喜一憂する毎日でしょう。しかし、比較的穏やかに動いていた株すら急落・急上昇しやすいのが決算発表の... 

知らないともったいない、金融政策を株式投資に生かす方法

《2020年は新型コロナウイルス感染症の世界的な流行に伴い、各国でさまざまな金融政策がとられています。金融政策が行われると、株式相場にどのような影響が... 
お知らせ
» ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」に配信中。「経済」「マネー」ジャンルから、かぶまどをチェック!
SmartNews(スマートニュース)
» 国際的ニュース週刊誌「Newsweek(ニューズウィーク)」日本版ウェブサイトに記事を提供しています。
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
トヨタを買って大丈夫?