取引のテクニック

少ない元手で急激に資産を増やせる「信用取引」の魅力と注意点

最強の武器となり得る信用取引 「株を始めたのはいいけれど、まだ資金が少ないから全然お金が増えない……」「欲しい株が大きく下がっていてチャンスなのに、たくさん買えるだけの資金が足りない……」──そんな悩...

株価は初値を超えて… IPO銘柄にも現れたコロナの影響

いつもと違う動きを見せるIPO銘柄 IPO(新規株式公開)では初値こそ高くなりやすいものの、その株価を維持できる銘柄はそう多くありません。投資家の期待が膨らみすぎて、上場後に高値をつけた後はしばらくの...

コロナ相場で人気高まるインバース型ETF 二番底狙いは吉と出るか?

人気高まるインバース型ETF インバース型ETFの人気が高まっています。「Inverse」は日本語で「逆」という意味。例えば、日経平均株価に連動しているインバース型ETFなら、株式市場が下がると利益に...

外国株投資の魅力と落とし穴 本当に怖い手数料リスクとは

外国株投資の魅力と落とし穴 株のインターネット取引が浸透して以来、以前よりも外国株がより身近な存在になりました。 アメリカには、いわゆるGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)などの世...

IPO株がまさかの逆テンバガー 上場直後の株価急落リスクとは

まさかの「逆テンバガー」 個人投資家のAさんは、注目を集める話題の企業がIPO(新規株式公開)を実施すると知り、抽選に応募したものの外れてしまいました。そこで、上場後にIPO株に投資するセカンダリー投...

コロナショックで荒稼ぎ HFTに個人投資家はどう対処するべきか

コロナショックを追い風に 2020年1~3月は、新型コロナウイルスの感染拡大により歴史的な暴落相場となりました。 アメリカの代表的な株価指数であるダウ平均株価は、2月12日の高値29,568.57ドル...

7月・8月の相場はどうなる? コロナ禍の夏相場で起こる異変とは

コロナ禍で迎える2020年の夏相場。市場の動きはどうなるのか、そして、株価はどうなるのか。不透明なことが多い相場ですが、季節ごとの「パターン」を理解しておけば、それに合わせて備えておくことができます。...

暴落相場の空売りで勝てない人に、鳥貴族と家康が教えてくれること

暴落相場は空売りで大儲け? 新型コロナウイルスによる暴落相場では、みなさんの資産は大丈夫だったでしょうか。コロナショックに限らず暴落相場においては、「空売りすれば大儲けできるんじゃ?」と思いますよね。...

なぜ株価が上昇しているのか? SQが株価に与える影響を理解する

6月になり、日経平均株価は23,000円を回復するまでの展開を見せています。コロナ禍からの経済活動再開に対する期待が高まっていることが主な背景ですが、上昇スピードが速いことに戸惑っている方も多いのでは...

株価のボラティリティを活用して大きな利益を上げるには

ボラティリティを利益に変える 株の世界でよく耳にする「ボラティリティ」。わかりやすく言うと、株式の価格変動の幅を表します。 「ボラティリティが高い」とは値動きが大きいときに使われる表現です。2008年...

金融市場が恐れる「流動性危機」をリーマンとコロナで考える

コロナ禍の「流動性危機」を考える 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、株式市場は大きく乱高下しました。それに関連したニュースや新聞で目にしたキーワードに「流動性危機」があります。 流動性危機とは、金融...

下落と急落と暴落は何が違う? コロナショックに学ぶ、暴落相場を生き延びる道

「下落」「急落」「暴落」の違いは? 「株価は会社の温度計」とも言われますが、いったん上がると下がらない体温計と違って、調子の良いときは上がり、調子の悪いときは下がるのが株価です。 ニュース等でよく見聞...

4月・5月の相場はどうなる? 新年度相場でトレーダーが意識すること

4月はマーケットが動きやすい? ゼロから再出発のディーラー勢 「4月相場は、新年度入りで動きやすい」という法則があります。その理由のひとつに、証券会社のディーラーの事情があります。証券会社は3月が決算...

ネット証券の手数料無料化で何が変わる? 個人投資家が気をつけるべきこと

ネット証券の手数料無料化が加速 2019年末から、インターネット証券の手数料無料化合戦が過熱しています。きっかけとなったのが、フィデリティ証券の投資信託の手数料無料化。2019年11月、「オンライン0...

プロの株式トレーダーは四季折々の相場をどう過ごしているのか

株式トレーダーのリアルライフ トレーダーは一瞬のスキを逃さない。凄腕トレーダーは、口を揃えてこう話す──「私はね、株式をさっと買って、5分後には手放しているよ」。 株を買ってもすぐに手仕舞う「短期間の...

コロナショックでチャンス到来 長期投資家のための暴落対処法

長期投資家のための暴落対処法 新型コロナウイルスの影響は留まるところを知らず、ついに、東京2020オリンピック・パラリンピックの延期が決定されました。その一方、日経平均株価は大きく戻してきていますが、...

大荒れの相場でトレーダーが今やるべきこと、やってはいけないこと

史上初のサーキットブレーカー、緊急利下げ、過去最大の下げ幅……大混乱となった金融市場の様子が毎日のようにニュースになっています。こんなとき、プロのトレーダーは何を考え、何をしているのか。オンライン株式...

信用取引の規制によって巻き起こる、売り方と買い方の心理戦を見逃すな!

空中戦から読み解く相場の温度 「相場が過熱して信用取引の規制が入ったため株価が急落した」 「高値圏で空売りが増加して逆日歩が付き、売り方と買い方による空中戦の相場となった」 株式関連のニュースで、こん...

IPO公募割れを引き起こす3つの要因と3つの共通点

公募割れは避けられる悲劇 個人投資家に大人気のIPOですが、ここ数年、全体の1割程度は初値が公募価格を下回る「公募割れ」となっています。やっと当選したIPOでまさかの損をするなんて……と涙を呑むことに...

IPOで株価はどうなる? 2019年・初値上昇額ランキング

IPOは本当に勝てるのか? IPO(新規公開株式)は個人投資家にとってお祭りのようなもの。初値で売った場合の勝率が8割以上ということで、株初心者から上級者までが、大きな期待とともに参戦します。 201...

新型肺炎で株価はどうなる? 波乱相場で見極めたい「市場の想定」

新型肺炎が株式市場に与える影響 2020年最初の世界的懸念事項となった、中国・武漢から世界に広がった新型コロナウイルスの感染拡大。1月31日の時点で感染者数は1万人に迫り、2002~2003年に流行し...

株で安定して稼げるようになるための「正しい負け方」とは?

稼ぐための負け方を知っていますか? 雑誌や書籍などで「1年で〇億を稼いだ!」というフレーズを見かけると、一体どんな手法を使ったのか気になる人も多いでしょう。手法が相場に見事にハマれば、短期間のうちに〝...

注目が集まっている「スマートベータ」は、アクティブ運用よりも勝てるパッシブ運用?

関心高まる「スマートベータ」を知る 欧米の機関投資家中心に「スマートベータ」への関心が高まっています。国内でも2014年にGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が、スマートベータ型アクティブ運用を...

被害者続出!?  IPO株の突如大暴落を招く「ロックアップ解除」とは

12月はIPOラッシュ。勝率9割を超えるといわれ、個人投資家に人気の手法となっていますが、好調な株価に浮かれていると突然、大きく下落することがあります。それは一体なぜなのか? 知っているといないのとで...

PTSでの信用取引が解禁 メリットは? 株式市場と株価への影響は?

信用取引解禁で存在感を高めるPTS 国内の株式市場でPTS(私設取引システム)の存在感が高まっています。きっかけは、2019年8月末に解禁になったPTSの信用取引。これまでPTSでは現物株取引しかでき...

中東情勢が株価に与える影響から考える、地政学的リスクとの上手な付き合い方

地政学的リスクを投資に活かすには 新聞やニュースサイトで多く見かける「地政学的リスク」というワード。テーマの領域が非常に広いことから、具体的にどのようなリスクなのかいまいちイメージできない投資家は多い...

株で絶対に儲かる方法はあるのか? あの必勝法を実践してわかったこと

映画や小説でよく描かれる一攫千金のサクセスストーリー。あわよくば自分も……と思ってしまうのが人間というものですが、果たして、株の世界に「必勝法」などあるのでしょうか? 「絶対に勝てる」と言われる手法を...

全てが本命のポートフォリオ理論 分散投資で勝てない人の勘違いとは

株式投資をしている人のほとんどが、ポートフォリオを組んで分散投資をしているはずです。でも、とりあえず「分散」させればいいと思っていませんか? そもそも何を分散させるべきなのでしょうか? 浮気性との違い...

マザーズからの1部昇格で株価はどうなる? 成長物語の「その後」を追いかける

《成長株の証しであるマザーズから、一流企業の証しである東証1部へ──。そんな成長物語をたどる銘柄が毎年のように誕生しています。そうとなれば、気になるのは、その後の株価。スピード昇格を果たした銘柄から見...

金利低下で上がる銘柄・下がる銘柄 長期戦に勝つための心得とは

株式市場には様々な理論があるものの、それどおりに動いてくれないのが株価というもの。本来は金利低下によって恩恵を受けるはずが、下落してしまう銘柄があります。それはなぜか。そして、長期的な利益の目指す投資...

YouTube、あります。
お知らせ
» ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」に配信中。「経済」「マネー」ジャンルから株窓をチェック!
SmartNews(スマートニュース)
» 国際的ニュース週刊誌「Newsweek(ニューズウィーク)」日本版ウェブサイトに記事を提供しています。
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト