マーケットを理解する

1万円からの社債投資も! デジタル証券が変える金融の未来

デジタル証券は、ブロックチェーン技術を活用して有価証券をデジタル化した新しい投資商品です。少額投資や高い流動性など、従来の投資商品にはないメリットを提... 

突然の株価乱高下… 慌てないために投資家が知っておくべき「恐怖指数」とは

近年、株式市場ではボラティリティ(価格変動性)の高い展開が続いています。2024年4月には、日経平均ボラティリティ・インデックス(日経平均VI)が約3... 

銅相場の上昇で中国経済もいよいよ回復か?

銅相場と中国経済 中国経済の行方を占う上で、銅価格の動向は重要な指標です。中国は銅の最大の消費国であり、銅価格は中国の景気動向と連動しやすいからです。... 
日本銀行ビルの上に虹が架かっている

マイナス金利政策の解除で株価はどうなるのか? 日銀とマーケットの行方を考える

3月19日、日銀は金融政策決定会合でマイナス金利政策の解除を決定しました。今後は、政策金利の目標を「0.0〜0.1%程度」とします。日銀の政策金利の引... 

日経平均株価の史上最高値更新で、日本でも簡単に資産運用ができる時代の到来か?

《バブル期の記録を抜いて、ついに史上最高値を更新した日経平均株価。長年相場を見つめてきた人々は、いま何を思うのか。それぞれが見つめる、日経平均株価の未... 

平成バブルと並んだ令和の日本株 その実態を3つの視点から読み解く

《バブル期の記録を抜いて、ついに史上最高値を更新した日経平均株価。長年相場を見つめてきた人々は、いま何を思うのか。それぞれが見つめる、日経平均株価の未... 

いま買うべきは日本株か、アメリカ株か? ND倍率で強さを比べる

日経平均株価は2月22日にバブル期の高値38915.87円を更新し、その後、史上初めて4万円の大台に乗りました。これは、日本の株式市場が活況を呈してい... 

バブル期を超えた相場をどう捉えるべきか。不安の声も聞こえてくるが…

《バブル期の記録を抜いて、ついに史上最高値を更新した日経平均株価。長年相場を見つめてきた執筆陣は何を思うのか──それぞれが見つめる、日経平均株価の未踏... 

独自の勘ピュータでバブル崩壊を予見した男が語る「相場は正直」の意味

《東京証券取引所が立つ日本橋・兜町。かつての活気は、もうない。だがそこは紛れもなく、日本の株式取引の中心地だった。兜町を見つめ続けた記者が綴る【兜町今... 

低迷続く中国株から、世界の資金は日本株へ 新たなライバルはインド株? 

中国の株式市場が下落しています。その一方で、日本とインドの株式市場は活況を呈しています。中国株の現状とその影響、そして、日本とインドが新たな投資の舞台... 

株価の上昇はどこまで続く? 大型株主導の背後にある海外投資家の動きを知る

2024年1月の日経平均株価は、月間で2,822円(約8.4%)上昇しました。さらに2月に入り、史上最高値(終値ベース)である38,915円をうかがう... 

MBOの市場規模が過去最高に。MBOの仕組みと増加している背景、投資家の対応を解説

2023年はMBO市場が過去最高を更新しました。MBOは、経営陣が自社の株式や事業の一部を取得して、独自の経営権を持つプロセスです。MBOの基礎知識か... 

2024年の株価はどこまで上がるのか? 個人投資家たちの期待と不安

《オンライン株式スクール「株の学校ドットコム」では、株式投資に取り組んでいる人々を対象として、さまざまなアンケート調査を実施しています。そこから見えて... 

いまも場立ちが残るニューヨーク証券取引所 喧噪の消えた兜町で思うこと

《東京証券取引所が立つ日本橋・兜町。かつての活気は、もうない。だがそこは紛れもなく、日本の株式取引の中心地だった。兜町を見つめ続けた記者が綴る【兜町今... 

加速する親子上場の解消 その背景と、個人投資家が気をつけるべきこと

近年、日本でも企業改革が進み、非上場化の件数が増えてきました。こうした流れの背景のひとつに、親子上場の解消があります。なぜ、親子上場を解消する動きが加... 
お知らせ
» NTTドコモのマネーポータルサイト「dメニューマネー」に記事を提供しています。
dメニューマネー
» 国際的ニュース週刊誌「Newsweek(ニューズウィーク)」日本版ウェブサイトに記事を提供しています。
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
» ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」に配信中。「経済」「マネー」「株・投資」ジャンルから、かぶまどをチェック!
SmartNews(スマートニュース)
銘柄選びの教科書
トヨタを買って大丈夫?