マーケットを理解する

ユニクロ850万円、アップルは2万円… 個人投資家がなかなか増えないのは「単元株制度」のせい

《日本の個人金融資産が2000兆円を超えたものの、そのほとんどは現金・預金。なぜ、いつまでも株式投資が浸透しないのか? その理由のひとつと考えられる「... 

これから景気は良くなる? 悪くなる? 景気の方向性を示す「景況感」を知る

アメリカは景気後退へ? 7月28日、アメリカの商務省は4~6月期の実質国内総生産(GDP)が年率換算で前期比0.9%減になったと発表しました。1~3月... 

株価が下がったら買い時? 個人投資家が知っておくべき「相場のサイクル」の話

いまの相場のサイクルは? このところ、わたしのもとに次のような問い合わせがよく来るようになりました。 「株価もだいぶ下がってきたので、そろそろ大きく買... 

暴落は海の向こうからやって来る? あの歴史的ショックから学べること

歴史に残る大暴落に学ぶ 2020年3月、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で世界中が大混乱に陥りました。世界各地で都市や交通手段が封鎖され、その打撃を... 

2022年上半期の日米の株式市場の値動きと今後の注目点

2022年上半期の日米の株式市場とドル円相場の騰落率 日経平均株価とダウ平均株価、ナスダック総合株価指数、そしてドル円相場の2022年上半期の上昇率は... 

いまさら聞けない「日銀」 今後の金融政策で円安はどうなる? 日経平均株価への影響は?

加速する円安と日銀 足元で円安が加速しています。世界的にインフレが進行する中にあって、日銀は従来の金融緩和を継続しており、海外との金利差が拡大して、円... 

それでも日銀が利上げしない理由 世界中の利上げで円安は一体どこまで進むのか?

歴史的な円安が進む 2022年6月29日の外国為替市場では、円が対ドルで一時1ドル=137円台をつけました。6月21日につけた直近の安値136円71銭... 

変わる日本企業の株主還元で、日本株がアメリカ株より優位になる可能性も

株主還元が変わる! 株主還元とは、企業が事業活動によって得た利益を株主に還元することをいいます。還元方法としては、増配(配当を増やすこと)や自社株買い... 

インフレの進行で株式市場はどうなる? そもそもインフレとは? まずはデータからインフレを知ろう

世界中でインフレが進行 ロシア・ウクライナ情勢の悪化や、原油をはじめとするエネルギー価格の上昇、サプライチェーンの混乱などが重なり、世界的なインフレが... 

アメリカ株は上がっている? ダウ平均株価を円建てにすると意外な事実が見えてきた

アメリカ株を円建てで見る 普段からアメリカの株式市場にも注目している人は多いでしょう。なかでもアメリカ市場を代表する株価指数であるダウ平均株価は、ニュ... 

貿易赤字と経常赤字で「悪い円安」へ さらに「家計の国外逃亡」を招く可能性も

《資源高と円安によって、日本は2年ぶりの「貿易赤字」となりました。さらに、経常収支も42年ぶりに赤字になる可能性が出てきています。 貿易赤字や経常赤字... 

「逆イールド」が再び発生! インフレの今だからこそ警戒したいFRB利上げとの関係

《2019年に続いて再び発生した「逆イールド」。景気後退のシグナルと言われますが、そもそも「逆イールド」とは何か。一体どこが問題なのか。インフレの現在... 

きょう東証再編! 「変わるもの・変わらないもの」「なくなるもの・なくならないもの」を要チェック

いよいよ東証再編 2022年4月4日、東京証券取引所の市場区分が変更されます。 これにより、新たに東証では「プライム」「スタンダード」「グロース」の3... 

強まるロシア包囲網 世界経済と株式市場に与える影響とは

2022年2月、ロシアがウクライナ侵攻 2月24日、ロシアはウクライナへの軍事侵攻を開始しました。ロシア国境からドンバス地域へ、クリミアからの北上、ベ... 

株価が上がるのは何月? 毎月の株式相場の特徴と注意点をチェック

《桜が咲いたらお花見、お盆には帰省して、年末には大掃除……といった季節ごとの「決まり事」が、実は株式相場にもあるってご存じですか? 知らなきゃ損の「傾... 
お知らせ
» NTTドコモのマネーポータルサイト「dメニューマネー」に記事を提供しています。
dメニューマネー
» 国際的ニュース週刊誌「Newsweek(ニューズウィーク)」日本版ウェブサイトに記事を提供しています。
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
» ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」に配信中。「経済」「マネー」「株・投資」ジャンルから、かぶまどをチェック!
SmartNews(スマートニュース)
トヨタを買って大丈夫?