データの活用法

企業のホンネが丸わかり? もっと活用したいアニュアルレポートの楽しみ方

アニュアルレポートをご存じですか? 銘柄選びでいろいろな企業について調べているうちに、最近の業績だけでなく、そもそもどういう事業構造の企業なのか、どういうビジョンを持っているのか、といったことまで知り...

ただいま絶賛バブル発生中? 債券市場の動向が株価に与える影響とは

株と並ぶ金融商品として知られる「債券」。株よりもリスクが低く安全性が高いと言われますが、世はマイナス金利まっさかり。それでも債券価格は上昇しており、「債券バブル」と呼べる状況が発生しているそうです。い...

割安株は本当にお得なのか PERで選んだ銘柄から見えてくる意外な事実

ひと目で割安株を見つけるPER 株の世界では一般的に、割安株に投資をするほうが儲かる可能性が高い、といわれます。そのために使われるのが、対象となる銘柄が割安なのか割高なのかを知る指標のひとつ、「PER...

初心者じゃなくても知っておきたい有価証券報告書の見方・使い方

使っていますか、有価証券報告書 企業や証券取引所のホームページには、投資家向けのさまざまな書類が公開されています。なかでも「有価証券報告書」は、投資家に必要な情報を提供するために企業が開示しなければな...

「先物主導で日経平均が上昇」とは? 裁定取引が市場に与える影響を知る

ニュースや新聞などの株価情報では、必ず先物市場の動向も伝えられますが、それが相場全体にどんな影響を与えているか、きちんと理解できているでしょうか? 個人投資家にはなかなか見えない「裁定取引」の仕組みと...

「逆イールド」は本当に景気後退のサインなのか? 日本の株価に与える影響とは

世界の株式市場をにぎわせている「逆イールド」。今後の景気後退を示す予兆とも言われていますが、それはなぜでしょうか? そもそも逆イールドとは? どうしてそれが起きるのか、株式市場への影響はどうなっている...

いまさら聞けない「決算資料」の基本 知っておきたい読み方と使い方

企業が四半期ごとに発表する「決算短信」。業績について記載されているらしいけど、数字が並んでいるだけでよくわからない……と思っていませんか? しかし、その数字によって投資家たちの思惑が揺れ動き、株価動...

アメリカが利下げすると日経平均は? FRBの金融政策が日本の株価に与える影響とは

株式ニュースでよく話題にあがるのが「アメリカの利下げ」「FRB」「FOMC」といったワードですが、なぜそれほどまでにアメリカの金融政策の行方が注目されるのでしょうか。いまひとつよくわからない日本株への...

いまさら聞けない「金利」の基本 金利引き下げは本当に株価に影響するのか

アメリカFRBの動向が常にニュースになる「政策金利」。金融政策の方向性を示すものとして注目されますが、具体的に、株価にはどんな影響を与えるのでしょうか? わかっているようでわかっていない基本知識をおさ...

株価急上昇する銘柄に焦ったときこそ思い出したい、もうひとつのROE

株価が急上昇しているチャートを見かけると、誰だって「買ったほうがいいかな?」と思うものです。でも、本当に上がり続けるのか不安で、しばらく様子を見て、悩んだ末にえいっと購入! すると、途端に下落……。株...

いまさら聞けない「先物取引」 先物主導でマーケットが動くとはどういうことか?

株式ニュースで必ず目にする「先物」。自分には関係ないと思っていませんか? 実は、株式市場は先物取引の影響を強く受けています。どんな人が先物取引をしているのか、そして、一般投資家はどのように向き合えばい...

値動きの激しい「小型成長株」との上手な付き合い方 株価よりも見るべきものとは

大化けするかも……という期待を抱かせてくれる一方で、日々の株価の乱高下に一喜一憂しがちな「小型成長株」。実は、アナリストにとっても厄介な存在だそうです。どのように付き合うのが得策なのでしょうか。...

日銀短観は本当に株価に影響するのか? 最も重要な経済指標の影響力を知る

テレビのニュース速報でも流れる「日銀短観」。それほどに重要な情報ということですが、一体なぜ重要なのか? それが株価の動きにどう関係するのか? 最も重要な経済指標と言われる日銀短観の力のほどはいかに。...

噂の「アクティビスト」の実態 企業に圧力をかける「物言う株主」の存在意義とは

よく耳にするようになった「アクティビスト」。かつてはネガティブなイメージの強かった「物言う株主」ですが、近年その立場は変化してきています。それだけでなく、アクティビストが保有する銘柄は、個人投資家にと...

PERは本当に便利な指標なのか その本質と見過ごされがちな弱点とは

多くの投資家が活用している指標「PER」。しかし、そればかりに頼るのは危険があるそうです。見過ごされがちな弱点と、それを回避するために理解しておきたいPERの本質についてアナリストが解説します。...

マーケットを動かす「ヘッジファンド」の正体と、個人投資家が注意すべきこと

ヘッジファンドと聞けば、莫大な資金を運用している巨大ファンドという印象がありますが、では具体的に、どんな手法でどのような取引をしているか理解しているでしょうか? 彼らの戦略を知ることは、個人投資家にと...

さらば平成! 波乱に満ちた30年の株式市場で最も大化けした銘柄とは

いよいよ「平成」の時代が終わりを迎えます。平成の株式市場は、史上最高値で幕を開けたものの、その後はバブル崩壊から世界的な経済危機へと、厳しい状況が続きました。多くの退場者も生んだ30年でしたが、一方で...

証券アナリストってどんな人? 立場の違いを知ればコメントの裏側がわかる

投資判断を下す際に「証券アナリスト」と呼ばれる人たちのコメントやレポートを参考する人も多いでしょう。実は「証券アナリスト」には立場や役割によって様々な違いあり、それによって発言内容が変わってくることも...

いまさら聞けない「機関投資家」 その動向と株価への影響力は?

機関投資家は巨額の取引を行う集団であり、株式市場に大きな影響力を持っています。でも、そもそも「機関投資家」とは、どのような投資家を言うのでしょうか? いまさら聞けない「機関投資家」の基本を解説します。...

投資家たちの不安心理を測る、2つのボラティリティの活用法

株価の変動率を表す「ボラティリティ」。株をやっているとよく耳にする単語ですが、うまく活用できているでしょうか? 2つのボラティリティの違いと具体的な見方を、元・日経225先物オプションディーラーの筆者...

株価に大きな影響を与える「外国人投資家」とは何者か? その動向を探る

現在、日本株の6割以上が海外のファンドなどの「外国人投資家」によって売買されていると言われます。彼らは株価にどんな影響を与えているのでしょうか。その動きを見極めることは、相場の動向を見通すための重要な...

亥年の相場は固まる? 実はそうでもない過去の亥年をプレイバック

平成が終わり、新たな時代が始まる今年2019年の株式相場はどうなるのか──。いろいろな人からさまざまな予測が出ていますが、「なにひとつ確実なことはない」というのが株の世界の唯一の真実です。...

株の世界の「定石」はどれくらいアテにできるのか?

株価に影響を与える要因を「材料」と言います。大小さまざまな要因がありますが、多くの材料には「こうなれば株価はこうなる」という基本パターンがあります。投資家はその「定石」にしたがって、ニュースや情報につ...

株価に影響を与える「材料」にはどんなものがあるのか?

株式投資をしていると「材料」という言葉によく出くわします。「好調な業績が好材料になり株価好調」「新商品の不振が悪材料で株価低迷」など、「材料」は株価に影響を与える要因を表す際に使われます。どんなことが...

お知らせ

「株の窓口」ではライターを募集しています。詳細はこちらから。
ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」に配信中。「経済」「マネー」ジャンルから株窓をチェック!
SmartNews(スマートニュース)
国際的ニュース週刊誌「Newsweek(ニューズウィーク)」日本版ウェブサイトに記事を提供しています。
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト