下落続く日本株 イヤな雰囲気の中でプロが期待を寄せる銘柄とは

株の学校ドットコム
最終更新日:2021-08-19 公開日:2021-08-02

7月相場を振り返って

東京オリンピックが始まりました! 日本勢のメダルラッシュは素直に嬉しいです。そんな日々メダル獲得のニュースを横目に、私・窪田の証券口座は安値更新を続けています(涙)

全体的に下降トレンドのなか、ギャップアップして高値を超えて反転か……と見せかけて、また下落。私自身はトレンドフォロー(流れに乗る)のトレードをしているので、とても大変な1か月でした。

ただ、昔と比べて成長したと思えるのは、損失を(昔よりだいぶ)小さく抑えられたこと。自分の間合いに合わないときは合わないなりに立ち回ることができたなと、この1か月を振り返って思います。

          6月終値      7月終値
 ・日経平均株価: 28,791円   → 27,283円   (−5.24%)
 ・TOPIX : 1,943ポイント  → 1,901ポイント (−2.16%)
 ・マザーズ指数: 1,207ポイント  → 1,085ポイント (−10.11%)

日経平均株価は、5月の安値27,385円を割り込んでしまいました。このあとすぐに反発できればいいのですが、さてどうなるか。下降トレンドが続く場合は無理して買わず、しっかり損切りをして、空売りで狙うのが基本戦略です。ナンピン買いは絶対だめ!

7月相場で上がった株・下がった株

そんな2021年7月の相場を、売買代金値上がり率値下がり率のランキングで振り返ってみたいと思います(データ提供:CMBトレード塾

・2021年7月の売買代金トップ20

・2021年7月の値上がり率トップ20

・2021年7月の値下がり率トップ20

7月相場でプロが気になった銘柄

この中から、気になる銘柄をピックアップしてみます。

・ソフトバンクグループ<9984>

  • 売買代金1位:1.44兆円

月間で12%も下落しました。中国当局による、海外市場(主にアメリカ)に上場する中国企業に対する規制強化によって、同社の投資先が毀損するということで売られ続けました。

また、投資先のDiDiが国家安全上の理由でダウンロードが規制されるなど、投資先に中国の大型企業が多いソフトバンクグループには厳しい1か月となりました。

・日本郵船<9101>

先月も取り上げた邦船3社を、今月もピックアップ。

  • 日本郵船<9101>……売買代金15位:3,789億円
  • 商船三井<9104>……売買代金32位:2,308億円
  • 川崎汽船<9107>……売買代金93位:1,252億円

月末に商船三井が配当を大幅に増やす(150円から550円!)発表をして、3社とも大きく上昇しました。商船三井は株価が約5,000円なので10%配当です。

先月紹介したバルチック海運指数も高止まりしており、今後も期待です。

・バイク王&カンパニー<3377>/IDOM<7599>

  • バイク王&カンパニー<3377>………値上がり率3位:+77.7%(801円→1,424円)
  • IDOM<7599>…………………………値上がり率7位:+52.7%(654円→999円)

バイクの買取で有名なバイク王&カンパニーと、車の買取「ガリバー」で有名なIDOM。コロナで生活様式が大きく変わり、プライベート空間で移動できる車(バイクも)は今後も人気が続きそう。

ただ、両社とも通常時は売買代金(流動性)が少ないため、売買する際はしっかりとチャートと流動性を見て判断するようにしましょう。

・BASE<4477>/マクアケ<4479>

  • BASE<4477>………値下がり率6位:−32.5%(1,689円→1,140円)
  • マクアケ<4479>……値下がり率10位:−30.2%(6,350円→4,530円)

2020年に大きく値上がりした2社ですが、ここへ来て大きく下落しました。業績自体が悪いわけではないのですが、株価が大きく上昇していた反動ですね。

株式市場では、このように過剰に大きく上昇したり下落したりすることがよくあるので、この2社の値動きは参考になると思います。

株は、常に勝つ必要はない

それにしても、マザーズが大きく下がりましたね。日経平均株価も安値を更新してしまい、ここで反発できなければ下降トレンドが継続してしまいます。2021年後半に向けて、ちょっと嫌な雰囲気になってきました。

5月の大きな下落以降、パッとしない相場が続いています。こういう相場のとき、多くの人は、それまでの利益を全て吐き出してしまいがちです。それだけならまだいいほうで、さらに売買を重ねて、損を拡大してしまう人も少なくありません。

マーケットにはいい時期も悪い時期もあります。いい時期に稼ぐことは誰にでもできますが、悪いときに減らさないことこそ、長期的に稼ぎ続けるためにとても重要なことなのです。

常に勝つ必要はない。
勝てないときは減らさない。

これをぜひ覚えておいてほしいと思います。

とにかく損を小さくすること。8月もがんばっていきましょう!

(株の学校ドットコム講師・窪田 剛

【おすすめ】なぜ明日上がる銘柄がわかるのか 元手30万円を数億円の利益に変えたプロの銘柄選び

2005年設立の無料オンライン株式スクール。短期の売買を繰り返す「トレード」を生かして、自分自身の力で継続的に稼ぎ続けるための知恵とスキルを提供する。現役トレーダーの講師による、あくまで本質にこだわった講義が、15年以上にわたり多くの支持を集めている株式トレード教育の老舗。受講者数は68万人を超え、同種のサービスとして日本一の規模を誇る。講師の著書に『株の学校』『株の学校 超入門』(著者・窪田 剛)などがある。公式サイト:株の学校ドットコム
新着記事
当社は、本記事の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想及び判断は有価証券の購入、売却、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。提供する情報等は記事作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。当社は本記事の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本記事の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。
お知らせ
» ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」に配信中。「経済」「マネー」ジャンルから、かぶまどをチェック!
SmartNews(スマートニュース)
» 国際的ニュース週刊誌「Newsweek(ニューズウィーク)」日本版ウェブサイトに記事を提供しています。
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
トヨタを買って大丈夫?