ひと息ついた日本株市場。インバウンド期待が高まる中、プロが買い続けるのはアノ開運株?

株の学校ドットコム
2022年6月1日 19時30分

aerial-drone/Adobe Stock

5月相場を振り返って

再編も一服、円安が一服、下落も一服、決算も一服。引き続き地政学的リスクはあるものの、5月を終えてマーケットはひと息ついた形となりました。

日経平均株価は一時4月の安値を割り込み、どうなることかと心配しましたが、後半にかけて盛り返し、いい形で6月を迎えられました。

指数 4月終値 5月終値 騰落率
日経平均株価 26,847円 27,279円 +1.58%
TOPIX 1,900ポイント 1,912ポイント +0.63%
東証グロース指数 879ポイント 850ポイント −3.30%

5月相場で上がった株・下がった株

そんな2022年5月の株式相場を売買代金と値上がり率・値下がり率のランキングで振り返ってみたいと思います(太字はピックアップ銘柄/データ提供:CMBトレード塾)。

・2022年5月の売買代金トップ20

・2022年5月の値上がり率トップ20

・2022年5月の値下がり率トップ20

5月相場でプロが気になった銘柄

このランキングの中から、私・窪田が気になった銘柄をピックアップします。

・値上がり率ランキングから

【第17位】ラオックス<8202>……+48%(168円→250円)

ついに、インバウンド銘柄(海外からの訪日客により上昇が期待される銘柄)に資金が入り始めました。コロナ中にGoToキャンペーンなどはありましたが、海外からの観光客は入っていませんでした。5月時点ではまだ受け入れをしていませんが、6月から順次、観光客の受け入れが再開されます。

欧米は日本に先立って観光を再開しており、「爆買い」も再開されています。

そんな状況に日本がすぐに戻るかどうかはわかりませんが、月は本銘柄に限らずインバウンド銘柄に資金が流れ込んでいるのがちょくちょく見受けられました。6月には中国・上海のロックダウンも終わり、人やモノの生産や物流も大きく再開されるでしょう。

中国からの爆買い観光客によって業績が左右されるラオックスが買われるのも理解できますね。

・売買代金ランキングから

【第3位】日本郵船<9101>……1.72兆円
【第4位】川崎汽船<9107>……1.48兆円
【第13位】商船三井<9104>……6,500億円

まだまだ終わらない邦船3社の快進撃。配当落ちの下落をカバーし、川崎汽船は高値を超えてくる強さ。困ったら海運、迷ったら海運、海運で開運(ごめんなさい)。そんな冗談を言いたくなるくらい、ずっと注目されています。このコラムでも登場率ダントツ1位です。

上のラオックスでも書いたとおり、中国の大都市のロックダウンで生産や物流が止まっていましたが、それが再開されることで、これら社にもポジティブな影響が期待されます。

いったん終わったと思っていましたが、売買代金を見る限り、まだまだ相場の主役であることは明白。監視を続けていきたいセクターです。

【第21位】メルカリ<4385>……4,040億円

月末に東証プライム市場へ移籍すると正式に発表があり、この原稿を書いている6月1日には株価は前日比+7%でした。もともとプライム市場へ上場するというアナウンスはあったので大きなサプライズではないとも考えますが、株価は素直にポジティブに反応しました。

今後、グロースからプライムへ移行する銘柄がどれほど出てくるかはわかりませんが、移行したら株価にどのような影響があるのか、といった点を確認するための良い試験になりそうです。

メルカリの場合、今後の期待度や注目度が大きいのは事実ですが、グロースからプライムへ移れるのは、やはりすごいことだと思います。応援したいですし、今後の値動きにも注目していきたいと思います。

いま強い株を、いま買おう

いろいろなことが“いっぷく”した5月。株価も底を打ったように見えますし、急激な円安も小康状態となっています。

なかでも海運株は大きく上昇しており、売買代金も大きく注目されていますが、そういう状況が続くと、よくこんなことを耳にします。

「こんなに上がっているのに、ここから買うの?」
「上がりすぎているから、もう買えないよ」

そう言う人の気持ちは痛いほどよくわかりますが、上がっている株は「買い」です。実際に私も5月は海運株をロング(買い持ち)していました。

海運株に限らず、強い株はしばらくの間、強い状況が続きます。半導体銘柄が数年間強かったように、海運株も大きく注目され始めてからそろそろ1年が経ちます。そして、これからどこまで続くのかはわかりませんが、今はまだ強いままです。

強い銘柄、上がっている銘柄を買うことには最初は抵抗があるかもしれませんが、それがトレードで勝つための第一歩です。今後もしかしたらインバウンド銘柄にまた大きな資金が来るかもしれないし、その兆しはあります。

いずれにしても、トレードで勝つために今あなたがやるべきことは「今ビッグウェーブを起こしている強い銘柄を(タイミングよく)買うこと」です。

大事なことなのでもう一度書きます。

次にクルであろうものを予想して買うのではなく
今キテいるものに資金を入れて利益を上げる

さぁ、ご唱和ください。6月は、海運で開運!
今月もよろしくお願いします。

※注意※ インバウンド銘柄は本原稿執筆時点(6月1日)ではまだ大きな波になっていません。したがって「今買ったほうがいい」というわけではありません。今後大きな波になってから乗ればいいのです。だからこそ「今から注目しておくといいよ」という程度です。あしからず。

(株の学校ドットコム講師・窪田 剛

【おすすめ】なぜ明日上がる銘柄がわかるのか 元手30万円を数億円の利益に変えたプロの銘柄選び

2005年設立の無料オンライン株式スクール。短期の売買を繰り返す「トレード」を生かして、自分自身の力で継続的に稼ぎ続けるための知恵とスキルを提供する。現役トレーダーの講師による、あくまで本質にこだわった講義が、15年以上にわたり多くの支持を集めている株式トレード教育の老舗。受講者数は68万人を超え、同種のサービスとして日本一の規模を誇る。講師の著書に『株の学校』『株の学校 超入門』(著者・窪田 剛)などがある。公式サイト:株の学校ドットコム
最新記事
本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格など投資の最終決定は、ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証するものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等にはお答えいたしかねますので、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。また、本コンテンツの記載内容は予告なく変更することがあります。
お知らせ
» ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」に配信中。「経済」「マネー」ジャンルから、かぶまどをチェック!
SmartNews(スマートニュース)
» 国際的ニュース週刊誌「Newsweek(ニューズウィーク)」日本版ウェブサイトに記事を提供しています。
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
トヨタを買って大丈夫?