上向きの日本株を襲った強烈パンチ 向かい風の中でプロが注目し続ける銘柄とは

株の学校ドットコム
2022年9月1日 18時00分

Adobe Stock

《日々相場と向き合うプロトレーダーは今どんな銘柄に注目しているのか? オンライン株式スクール「株の学校ドットコム」講師の窪田剛さんが、3つのランキングから8月相場を振り返ります》

8月相場を振り返って

せーのっ「ジャクソンホーール!!」

ジャクソンホールとは、アメリカ西部の山間にある、スキー場のある小さな街の名前ですが、ここでのFRB議長パウエル氏の講演(8月26日)後、アメリカのダウ平均株価が1,000ドル下落しました。

利上げペースが落ち着くとみていたマーケットに対して、強烈なカウンターパンチ発言「インフレをやっつけるために真剣だ」(意訳「金利まだまだ上げるぜ!」=株価に対しての下落圧力)をしたためです。

それにつられて日本株も、月末にかけて大きく下落してしまいました。上昇傾向のあった日本株ですが、失速しちゃいましたね。

指数 7月終値 8月終値 騰落率
日経平均株価 27,801円 28,091円 +1.04%
TOPIX 1,940ポイント 1,963ポイント +1.19%
東証グロース指数 901ポイント 943ポイント +4.66%

8月相場で上がった株・下がった株

そんな2022年8月の株式相場を売買代金と値上がり率・値下がり率のランキングで振り返ります(太字はピックアップ銘柄/データ提供:CMBトレード塾)。

・2022年8月の売買代金トップ20

順位 コード 銘柄 売買代金
1 6920 レーザーテック 2.67兆円
2 9984 ソフトバンクグループ 1.8兆円
3 8035 東京エレクトロン 1.31兆円
4 9101 日本郵船 1.15兆円
5 9983 ファーストリテイリング 1.05兆円
6 7203 トヨタ自動車 1兆円
7 9107 川崎汽船 9335億円
8 6758 ソニーグループ 9002億円
9 9104 商船三井 8361億円
10 7974 任天堂 7708億円
11 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 7008億円
12 6861 キーエンス 6449億円
13 6619 ダブル・スコープ 5651億円
14 6098 リクルートホールディングス 5214億円
15 4385 メルカリ 5181億円
16 4063 信越化学工業 4707億円
17 8316 三井住友フィナンシャルグループ 4666億円
18 6594 日本電産 4223億円
19 1605 INPEX 4160億円
20 9519 レノバ 4102億円

・2022年8月の値上がり率トップ20

順位 コード 銘柄 値上がり率
1 5380 新東 +120.8%
2 7878 光・彩 +118.3%
3 9867 ソレキア +117.2%
4 9552 M&A総合研究所 +117.0%
5 7946 光陽社 +113.6%
6 3600 フジックス +94.6%
7 3660 アイスタイル +86.9%
8 7849 スターツ出版 +84.6%
9 7859 アルメディオ +81.2%
10 1382 ホーブ +76.4%
11 6054 リブセンス +72.4%
12 2195 アミタホールディングス +71.7%
13 7080 スポーツフィールド +65.0%
14 9229 サンウェルズ +63.0%
15 4449 ギフティ +60.9%
16 8230 はせがわ +60.8%
17 2788 アップルインターナショナル +60.2%
18 6777 santec +56.4%
19 7089 フォースタートアップス +55.4%
20 4932 アルマード +54.7%

・2022年8月の値下がり率トップ20

順位 コード 銘柄 値下がり率
1 2191 テラ -97.9%
2 4199 ワンダープラネット -45.0%
3 4596 窪田製薬ホールディングス -43.8%
4 6580 ライトアップ -42.8%
5 5820 三ッ星 -35.7%
6 7353 KIYOラーニング -33.6%
7 9557 エアークローゼット -32.8%
8 4884 クリングルファーマ -32.2%
9 3053 ペッパーフードサービス -28.9%
10 4487 スペースマーケット -28.1%
11 4056 ニューラルポケット -27.4%
12 3782 ディー・ディー・エス -27.3%
13 4575 キャンバス -27.1%
14 4597 ソレイジア・ファーマ -27.1%
15 6095 メドピア -26.5%
16 2437 Shinwa Wise Holdings -25.7%
17 4169 ENECHANGE -24.8%
18 7707 プレシジョン・システム・サイエンス -23.6%
19 3810 サイバーステップ -23.2%
20 4495 アイキューブドシステムズ -22.5%

8月相場でプロが気になった銘柄

このランキングの中から、私・窪田が気になった銘柄をピックアップします。

・売買代金ランキング

【第4位】日本郵船<9101>……1.15兆円
【第7位】川崎汽船<9107>……9335億円
【第9位】商船三井<9104>……8361億円

7月末にそろって上方修正をして、またまた注目された邦船3社。高値付近まで上昇する場面もあるものの、月末にかけては失速気味でした。

業績はとてもよいですが、だからといって株価が上がるわけではない。

何度も言っていることですが、ここまで業績が良くて配当も高ければ買いたくなってしまいます。でも、トレーダーが注目すべきはやはり株価であり、値動きです。ランキングでもすっかり定着してきましたが、今後もしっかり追いかけていきたい海運です。

・値上がり率ランキング

【第7位】アイスタイル<3660>……+86.9%(276円→516円)

8月のいちばんのニュースはこちらではないでしょうか。

アイスタイル、米国Amazonおよび三井物産(株)と業務資本提携 ~生活者のお買い物体験向上等を通じたさらなる事業成長に向けて~

8月15日夕方に出されたリリースです。GAFAの一角を占めるアマゾンが日本企業の筆頭株主になるということで、大きな注目を集めて株価も上昇しました。8月の高値は678円で、7月終値から比べると2.5倍です。

書籍から始まり、酒、コスメなど、どんどん専門店を取り込んでいるアマゾンですが、これを見て「じゃあ、次は?」と考えるのも楽しいかもしれません。

でも、それは投資の話。トレードはあくまで値動き重視です。

勝ち続けるために大事なことは、チャートを見て、より上がりそうなものを買う、下がりそうなものを売る。資金の集まっている銘柄、大きな変化のある銘柄に注目すること。

こういう大きな変化を追いかけ続けることで、次の大きな変化があったときにチャンスが生まれます。しっかりと覚えておきましょう。

・値下がり率ランキング 

【第1位】テラ<2191>……−97.9%(97円→2円)

またまたバイオです。

いや、本当に、バイオって難しいのです。研究が報われない前提で見ておくべきだし、ほぼ失敗して終わるので、手出し無用。覚えておきましょう。

新型コロナウイルスの流行が始まったときに、株価は一時2,000円までいきましたが、会社発表のほとんどが虚偽であるとの調査があり、最終的には「破産」となりました。上場廃止ではなく「破産(自己破産)」です(8月23日付で上場廃止)。

バイオでも将来の新薬に向けてしっかりと研究をしている企業がほとんどだと思いますが、生物や医療、製薬の専門家でない限り、投資やトレードにバイオ関連銘柄は向きません。

向かい風を生き残れ!

8月に入り、日経平均株価はなかなか超えられなかった28,000円を超えて、そのままの勢いで29,000円も超えてトレンドは上方向! ……と期待が高まったところでの急落。

ジャクソンホール講演後、アメリカの金利がまだまだ上がりそうということで、アメリカ株は下落し、ドル高が継続。ドル円はついに24年ぶりの安値139円台半ばまで下落してしまいました。

なかなか明るい材料に乏しくみえる日本株ですが、エネルギーや電子部品、海運やゲーム、マンガ関連など勢いのある分野もたくさんあります。

アメリカの金利上昇という大きな向かい風はありますが、風向きはいつか変わります。そのタイミングがいつになるかはまだわかりませんが、そう遠くない未来だと思います。今はしっかりと資金管理をして生き残り、いつか来るその時に向けて、しっかりと準備しておきましょう。

年末まであと4か月、はりきっていくぞー!!!

(株の学校ドットコム講師・窪田 剛

【おすすめ】米国株でFIRE? 株で稼げない人の間違いと、プロが教える明日上がる銘柄3つの条件

2005年設立の無料オンライン株式スクール。短期の売買を繰り返す「トレード」を生かして、自分自身の力で継続的に稼ぎ続けるための知恵とスキルを提供する。現役トレーダーの講師による、あくまで本質にこだわった講義が、15年以上にわたり多くの支持を集めている株式トレード教育の老舗。受講者数は68万人を超え、同種のサービスとして日本一の規模を誇る。講師の著書に『株の学校』『株の学校 超入門』(著者・窪田 剛)などがある。公式サイト:株の学校ドットコム
最新記事
本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格など投資の最終決定は、ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証するものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等にはお答えいたしかねますので、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。また、本コンテンツの記載内容は予告なく変更することがあります。
お知らせ
» NTTドコモのマネーポータルサイト「dメニューマネー」に記事を提供しています。
dメニューマネー
» 国際的ニュース週刊誌「Newsweek(ニューズウィーク)」日本版ウェブサイトに記事を提供しています。
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
» ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」に配信中。「経済」「マネー」「株・投資」ジャンルから、かぶまどをチェック!
SmartNews(スマートニュース)
トヨタを買って大丈夫?