日常の生活の中で、同じような言葉を“なんとなく”わかっているフリをして話を進めてしまうことがあります。「目的」と「目標」の違いや、「カフェオレ」と「カフェラテ」の違いなどが良い例でしょう。音が似ていたり、さほど重要ではなかったり、知らないと恥ずかしかったり。

続きを読む