決戦は金曜日? 投資家が知っておきたい、決算発表のルールと思惑

決算発表は、それによって株価が大きく動くこともあり、投資家なら注目しておかなければいけないイベントです。ということは、当然、企業にとっても重要なイベントです。時には、決算発表のタイミングひとつで、株価に影響を与えてしまうこともあります。

実は、いつ決算発表するかを知ることで、企業の「思惑」が見えてきます。知らなければもったいない、「決算発表のタイミングから企業の思惑を読み解く方法」についてご紹介したいと思います。

決算発表の「45日ルール」とは?

まず、決算発表について、「期末決算(本決算)の開示は期末から45日までに発表しなくてはいけない」というルールがあることをご存じでしたか? 東京証券取引所は、次のように求めています。

事業年度又は連結会計年度に係る決算については、遅くとも決算期末後45日(45日目が休日である場合は、翌営業日)以内に内容のとりまとめを行い、その開示を行うことが適当であり、決算期末後30日以内(期末が月末である場合は、翌月内)の開示が、より望ましいものと考えられます。(「決算短信・四半期決算短信 作成要領等」より)

「ぐずぐずせずにさっさと出しましょう」というわけです。日本の上場企業の多くは3月末決算(3月31日締め)なので、ゴールデンティークが明けてから5月15日にかけてが「決算発表ラッシュ」となるのは、そういう理由からです。

今期の決算発表スケジュール

では実際に、2018年3月期の決算発表スケジュールはどうなっているでしょうか。ヤフーファイナンスなどの情報サイトや証券会社などのホームページでは、取引所から発表された情報をもとに、決算発表の予定をカレンダー表示で見られるようになっていて便利です。

以下はSBI証券のサイト画面(画像をクリックすると実際のページに移動します)。

ただし、ここには本決算だけでなく、各四半期決算を発表する企業の数も含まれています。さらに、本決算であっても3月期とは限らず、2月期決算の場合もありますので、チェックする際には注意が必要です(例:4月2日に決算発表した10社のうち、3月期の本決算は1社のみ)。

また、こうした決算発表のスケジュールは、企業が取引所に連絡をした予定と、連絡がない企業については前年の発表日が予定日として入っていることが多いようです。いずれにしても、実際の発表日は変更になる場合もあると思っておきましょう。

4月1日に発表しちゃう「超せっかち企業」

2018年3月期の決算発表のトップを飾ったのは、中部や関東に焼き肉・焼き鳥チェーンを展開するあみやき亭<2753>でした。実はこの会社、今年は4月2日、2017年は4月3日でしたが、それ以前は5年連続で4月1日に決算発表をした、根っからの「超せっかち企業」です。

スピーディーな決算発表には、投資家の注目を浴びるという狙いがあります。特に、一部の地域でしか事業展開をしていない企業にとっては、エリア外の投資家にも自社を知ってもらう貴重な機会と言えます。ただ「せっかちだから」ではなく、そんな思惑が隠されているのです。

金曜日に決算発表する企業の「思いやり」?

各社の予定を見てみると、決算発表は「金曜日」が多いことに気づきます。さらに注目したいのが「発表時刻」です。2018年4月27日に決算発表をした295社のうち、株式市場が閉じる15時より前に発表した企業は85社。それ以外の210社が15時以降に決算発表を行いました。

すべての投資家・トレーダーが四六時中、株価をチェックできるわけではありません。本決算の発表は、場合によっては株価が大きく変動する可能性のあるイベントですから、取引終了後に発表する企業が多いのです。これは、投資家への「思いやり」と言えないこともありません。

金曜日の夕方に発表することで、投資家たちが土日で「クールダウン」できるという効果もあります。それによって、ネガティブ・サプライズによる株価の乱高下を防ぎたいのです

過去には、致命的な情報を「平日の日中」に流したことが、より騒動の悲惨さを増したと思われるアキュセラ・インクの事例もありました(参考:【株式残酷物語】あの日の大暴落のさなか、投資家が思ったこと・学んだこと)。

トヨタが開けた風穴でなにかが変わる?

企業の思惑がひそかに交錯する決算発表ですが、2018年3月期決算では、ここに新しい流れが加わりました。トヨタ自動車<7203>が、5月9日(水)の午後1時半に決算発表をしたのです。同社にとって初めてとなる、取引時間中の決算発表でした。

実は、取引終了後の決算発表には問題もあります。インサイダー取引などを回避するためにも、企業の重要情報は速やかに開示されるべきですが、決算にかぎっては、朝の取締役会で承認した内容を、午後3時以降まで待ってから発表する企業が多いのです。

トヨタの場合、質疑応答の時間を十分に確保するといった理由もあったようですが、最大の時価総額を誇る企業の新たな試みだけに、大きな注目を集めました。結果としては、2年ぶりの最高益決算という好業績もあって、株価は急騰しています。

実は50日までセーフだったりします

ところで、「45日ルール」によれば、3月期決算の発表デッドラインは5月15日ですが、それより後に発表する企業も多くあります。その中には、東京海上ホールディングス<8766>などのビッグネームもあります。

なぜか? 実は東証は、「45日以内の開示が望ましい」と言いつつも、同時に、次のようにも言っているのです。

なお、事業年度又は連結会計年度に係る決算の内容の開示時期が、決算期末後50日(50日目が休日である場合は、その翌営業日)を超えることとなった場合には、決算の内容の開示後遅滞なく、その理由(開示時期が決算期末後50日を超えることとなった事情)及び翌事業年度又は翌連結会計年度以降における決算の内容の開示時期に係る見込み又は計画について開示してください。(「決算短信・四半期決算短信 作成要領等」より)

要するに、本当は45日以内に発表してほしいだけど、現実としては50日までは認めましょう、という猶予があるようですね。

締切を守れない遅刻企業

決算発表の45日ルールをまとめると、次のようになります。

  • 上場企業は45日以内に決算発表をする必要があるが、実質50日まではセーフ
  • 金曜日15時以降の発表が多いのは「焦らずクールダウンしてね」
  • 超スピード発表で存在感を示す企業もある

決算発表は株価にインパクトを与えかねないだけに、そのタイミングには、企業側のさまざまな思惑が働いているようです。なかには、最終デッドラインの5月20日(50日)にすら間に合わない遅刻企業もあります。しかも、毎年のように締切を破っている〝常習犯〟も。

一体どういう理由で遅刻してしまうのか、また、そうした企業の株価はどうなっているのか……。その「言い訳」からは企業の内情が見え隠れしてきますので、こちらもご参考にしてください。

【おすすめ】なぜ明日上がる銘柄がわかるのか? 30万円を億に変えた銘柄選びを大公開!

2018/05/15
あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

【株の窓口】の最新情報をお届けします

決戦は金曜日? 投資家が知っておきたい、決算発表のルールと思惑」の著者
川島 寛貴
[かわしま・ひろたか]「みんなの株式(みんかぶ)」創業メンバーとして、多くの億トレーダーやアナリストから豊富な知識とテクニックを吸収。投資アドバイザーとしてセミナー講師などもこなす、通称「為替王子」。「ワールドビジネスサテライト(WBS)」、「よるべん」(TBS)、日経CNBCほかメディア出演多数。
当社は、本記事の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想及び判断は有価証券の購入、売却、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。提供する情報等は記事作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。当社は本記事の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本記事の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。
友だち追加

お知らせ

ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」にも配信中! 「経済」「マネー」ジャンルから株窓をチェック!
SmartNews(スマートニュース)
小学館の雑誌「マネーポスト」ウェブサイトと、株の窓口の提携がスタートしました!
マネーポストWEB
国際的なニュース週刊誌「Newsweek(ニューズウィーク)」日本版ウェブサイトでも、株の窓口の記事をお読みいただけます!
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト