株窓編集部

株窓編集部
無防備なまま株式市場に参加して大切なお金をなくしてしまう人をひとりでも減らしたい──そんな思いから、未来の株価や相場を予測するのではなく、過去の事例やデータといった「普遍的な事実」に焦点を当てた記事を発信します。同時に、株初心者の方や、これから株を本気で始めようとしている方にもわかりやすい解説を心がけています。

株式投資でお金を増やせる理由と、その先にある「自由」

株式投資でお金が増える理由 多くの人にとって、株式投資を勉強しようと思ったきっかけは「お金を増やせるから」ではないでしょうか。銀行の定期預金...

株初心者あるあるを防ぐための、バーチャル取引のすすめ

初心者によくあるミスを防ぐには いま、新たに株を始めようとする人が増えています。外出自粛で時間に余裕ができた、今後の収入不安が増したので資産...

株を始めるなら今? アイドルの卵に学ぶ、デビューまでの3ステップ

ヒントは芸能界デビューにある? 初めての取引で大当たり、デイトレーダーになって日々億単位の取引──。これから株を始めるに当たって、そんな夢を...

これだけは知っておきたい! 株式投資で大切な3つの心得

利益を出すための心得3か条 買ったら下がる、売ったら上がる…… 誰もが経験していることでしょう。株式投資に慣れないうちは、こんなとき、つい頭...

「窓」とは?

窓[まど] 隣り合ったローソク足が上下に離れている状態のこと。上方向に窓ができることを「ギャップアップ」、下方向にできることを「ギャップダウ...

チャートで振り返る2019年 令和最初のイノシシは固まったのか?

令和初の大納会の日、日経平均株価の終値は23,656円62銭となり、バブルに沸く1990年以来、29年ぶりの高値となりました。令和元年となっ...

「株窓アワード2019」を開催 今年最も読まれた記事は?

2019年も残すところわずかとなった12月某日、都内で「株窓アワード2019」が開催されました。日頃、当サイトに原稿をお寄せいただいている執...

インバウンド、5G、太陽光… 2019年に期待を集めた注目テーマと銘柄たち

2019年も様々なテーマが投資家・トレーダーたちの注目と期待を集めました。「株の窓口」執筆陣が選ぶ「2019年いちばん私をアツくさせた銘柄」...

ハブ、オービック、エディア… 2019年相場を人知れず盛り上げた銘柄たち

株式市場を賑わせるのは、誰もが注目する大型株だけではありません。様々なテーマや業界ごとに、話題を振りまき、株価を大きく動かせて、相場を盛り上...

ZOZO、日産、ソフトバンクG… 2019年、投資家に教訓を与えた銘柄たち

2019年も実に多くの銘柄が株式市場をにぎわせてくれました。そこで「株の窓口」執筆陣に、「2019年いちばん私をアツくさせた銘柄」についてア...

「逆日歩」とは?

逆日歩 [ぎゃくひぶ] 制度信用取引で空売りを行っている投資家が支払う追加コスト。 売り残が買い残を大きく上回ると株不足となり、株式調達のた...

「株式分割」とは?

株式分割[かぶしきぶんかつ] 株式会社が発行済株式を一定の割合で分割し、株式数を増やすこと。投資家にとっては、購入単価が安くなり、流動性が増...

「サーキット・ブレーカー制度」とは?

サーキット・ブレーカー制度[サーキット・ブレーカーせいど/Circuit Breaker] 株式市場や先物取引の価格が一定以上の変動となった...

プレイバック平成! 激動の株式市場と、時代を彩ったあの銘柄たち

史上最高値から世界的な経済危機へ──まさに激動だった平成の株式市場。この30年の相場を、投資家・トレーダーはどう見つめ、どのようにして生き延...

株でイキナリ大損しないために絶対知っておくべき5つのポイント

株式投資は知らないことだらけの世界です。用語も作法もはじめてのことだらけ。しかも大切に貯めてきた「お金」を投じるとなると、慎重にならざるを得...

株の暴落を引き起こす「規制リスク」について考える アノ倒産企業も……

投資家を失意に突き落とす、暴落という悲劇。それは、様々な要因によって引き起こされます。サンバイオ<4592>のように個別銘柄の事情による場合...

アキュセラの悪夢再び サンバイオ・ショックは投資家に何を残すのか

マザーズ最大の時価総額を誇る創薬ベンチャー、サンバイオ<4592>。開発中の新薬への期待から株価は3倍以上になっていましたが、臨床試験が頓挫...

チャートで振り返る2018年 平成最後のイヌは笑ったのか?

日経平均株価が27年ぶりの高値を更新したものの、年末にかけて大きく下がってしまった2018年。一年を通して見た株価はどうだったのでしょうか。...

日産、スルガ銀、武田薬品… 2018年に投資家を最も慌てさせた銘柄

2018年の株式市場もまもなく終わり。株の窓口の執筆陣に「今年いちばん印象に残った銘柄」を挙げてもらいました。世間をにぎわせたわりに期待外れ...

メルカリ、ZOZO、ソフトバンク… 2018年の株式市場をにぎわせた銘柄たち

株価はまだまだ気の抜けない動きをしていますが、2018年の株式市場もまもなく終わります。そこで、株の窓口の執筆陣に「今年いちばん印象に残った...

2018年に最も読まれた記事 第1位は秘かな大変革が連覇達成

今年10月1日をもって、東京証券取引所に上場するすべての株式の売買単位(単元)が100株に統一されました。銘柄ごとに徐々に進められてきた変更...

2018年に最も読まれた記事 知らずに慌てる人続出で第2位に

「株の窓口」で今年最も読まれた記事をランキングでご紹介しています。株を長年やっている方でも意外と知らない場合が多い「株式併合」の記事が第2位...

2018年に最も読まれた記事 みんな気になるアノ話が第3位

「株の窓口」で今年最も読まれた記事をランキングでご紹介します。第3位は、当サイトの中でも特に検索からのアクセスが多い「インサイダー取引」の記...

「あく抜け」とは?

あく抜け[あくぬけ] 悪材料が全て出尽くして、大きく下がっていた相場が一段落し、上昇に転じること。 「あく」は、野菜や肉などを煮込んだときに...

お知らせ

「株の窓口」ではライター/編集者を募集しています。詳細はこちらから。
ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」に配信中。「経済」「マネー」ジャンルから株窓をチェック!
SmartNews(スマートニュース)
国際的ニュース週刊誌「Newsweek(ニューズウィーク)」日本版ウェブサイトに記事を提供しています。
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト