投資信託とETFにはどんな違いがある? 初心者におすすめなのはどっち?

井本ちひろ
2022年9月7日 12時00分

Pixel-Shot/Adobe Stock

投資信託とETFにはどんな特徴と違いがある?

株式投資をはじめようと考えている方は、「投資信託」と「ETF」という2つのワードを聞いたことがあるのではないでしょうか。でも、何がどう違うのかよくわからなかったり、両者の違いが曖昧になっていたりする方も多いのでは?

投資信託」は、複数の投資家から集めたお金をもとに、資産運用の専門家であるファンドマネージャーがさまざまな金融商品に投資をする仕組みをいい、「ファンド」と呼ばれることもあります。

「ETF」は「Exchange Traded Fund(上場投資信託)」の略称で、簡単に説明すると「株式のように市場で売買できる投資信託」です。その名のとおり投資信託の一種なので、通常の投資信託と同じように、1つの商品で分散投資をすることができます。

両者の大きな違いは「上場しているか、上場していないか」です。ETFは上場していますが、通常の投資信託は上場していません。

証券取引所に上場している企業(上場企業)の株式は、投資家が取引所で自由に売買することができます。一方で、上場していない企業(非上場企業)の株式は、取引所で買うことはできません(いわゆる「未公開株」です)。

ETFは、株式投資(個別株)と投資信託、それぞれの特徴を併せ持った金融商品だということです。

投資信託は郵便局でも買えます

そのほかにも、投資信託とETFには以下のような特徴・違いがあります。

これを見てわかるように、ETFは証券会社でのみでしか購入できませんが、投資信託は証券会社や銀行、郵便局などでも取り扱いがあります。

銀行や郵便局へ行った際に「投資に興味ありませんか?」と声をかけられた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで言う「投資」は多くの場合、投資信託のことです。

投資信託とETFには取引価格にも違いがあります。

投資信託の場合、1日に1回だけ算出される「基準価額」が購入価格ですが、注文時には正確な値段はわからず、自分がいくらで何口買えたのかがわかるのは翌営業日。また、注文から約定(取引が成立すること)まで日数がかかることもあり、その場合は、約定したときの基準価額が購入価格になります。

一方のETFは、証券会社を通じて、市場価格をリアルタイムで見ながら買付や売却の注文を1日に何度も行えます。イメージとしては個別株の取引と同じです。

取得時の費用や売買・解約時にかかる費用も異なり、どちらの手数料も、ETFより投資信託のほうが高くなることがほとんどです。

投資信託とETFのメリットとデメリットは?

投資をするにあたって気になるのが、投資信託とETFのメリットとデメリットではないでしょうか。それぞれの比較をしやすいように、ひとつの表にまとめてみました。

こうしてまとめてみると、投資信託とETFは、メリットとデメリットともに共通点が多いことがわかります。

少額投資や分散投資ができること、運用をファンドマネージャーに任せられるなどのメリットは共通。メリットの部分で異なるのは、投資信託でいえば種類が豊富な点、ETFでは値動きがわかりやすい点とリアルタイムで売買できる点(上で述べたとおり)です。

デメリットの共通点は、手数料や諸経費がかかることと元本保証がないこと。

上の表でも示したように、投資信託とETFは売買や保有に費用がかかります。ただ、なかには「ノーロード型」という購入手数料がかからない商品もあるので、購入前に必ず確認しておきたいところです。

また、投資信託とETFはともに、価格の変動によって保有している額(評価額)が投資額よりも下回った(元本割れした)としても、元本が保証されることはありません。投資した金額を回収できない可能性もあるということです。

ETF特有の2つのデメリット

ここからはETF特有のデメリットを2つお伝えします。

ひとつ目は、取引価格に関するデメリットです。前項でも説明したように、ETFはリアルタイムで市場価格が変動するため、想定していた価格よりも高値での購入や安値での売却になる場合もあります。特に、大きな値動きをするように設計されたETFの場合は、しっかりと価格を見ておく必要があります。

ふたつ目のデメリットは、分配金が自動で再投資されない点です。

分配金の支払い方には「受取型」と「再投資型」の2種類があり、「受取型」は文字通り分配金を現金で受け取ることをいいます。「再投資型」は、受け取った分配金を使って同じ商品を追加購入できる支払い方法です。

通常の投資信託では分配金を自動で再投資することが可能ですが、ETFは決算時にすべての分配金が支払われるため、自動での再投資ができません。分配金を再投資に回したい場合は、自分で新たに買い付けることになります。

投資信託とETF、初心者におすすめなのはどっち?

投資信託とETFは、「どちらが優れていて、どちらが劣っている」というものではありません。ただ、人によって「どちらが向いていて、どちらは向いていない」ということはあり得ます。

どちらが向いているかは、その人の資産運用のスタイルや目的で決まります。もちろん、投資信託とETFの両方を組み合わせることも可能。

株式投資は、ゆっくりじっくりの長期投資をすれば、損をするリスクも減らすことができます。投資信託とETFは共通点も多いですが、異なる部分もあるため、両者のメリットとデメリットを把握したうえで投資をはじめることが大切です。

【おすすめ】米国株でFIRE? 株で稼げない人の間違いと、プロが教える明日上がる銘柄3つの条件

[執筆者]井本ちひろ
[いもと・ちひろ]ライター。大学時代に得た経験とファイナンシャルプランナーの資格を活かし、お金に関する記事を中心に執筆。子育て中の母でもあり、主婦目線での資産運用に関心あり。夫ともに日々実践中。
最新記事
本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格など投資の最終決定は、ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証するものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等にはお答えいたしかねますので、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。また、本コンテンツの記載内容は予告なく変更することがあります。
お知らせ
» NTTドコモのマネーポータルサイト「dメニューマネー」に記事を提供しています。
dメニューマネー
» 国際的ニュース週刊誌「Newsweek(ニューズウィーク)」日本版ウェブサイトに記事を提供しています。
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
» ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」に配信中。「経済」「マネー」「株・投資」ジャンルから、かぶまどをチェック!
SmartNews(スマートニュース)
トヨタを買って大丈夫?