プロの株式トレーダーは四季折々の相場をどう過ごしているのか

高野 譲 2020/04/01

株式トレーダーのリアルライフ

トレーダーは一瞬のスキを逃さない。凄腕トレーダーは、口を揃えてこう話す──「私はね、株式をさっと買って、5分後には手放しているよ」。

株を買ってもすぐに手仕舞う「短期間の取引」からイメージされる一般的なトレーダー像は、とても「四季」という言葉の一片すら感じさせないだろう。非常に腰の軽い様子がうかがえて、「堅実な投資家」のイメージとは大いに乖離する。

だが本当に、年がら年中「もぐら叩きゲーム」に没頭しているのがトレーダーなのであろうか?

私は、トレーダーの尊厳を回復するためにも「ノー」と言っておきたい。トレーダーの視野は海のように広いのだ。春夏秋冬のサイクルの中で、トレーダーは何を見て、何を考え、どう動くのか。生のトレーダー像をご紹介しよう。

  • 春(4・5・6月)……新年度。トレーダーには迷惑な季節
  • 夏(7・8・9月)……閑古鳥が鳴く相場。隣は何をする人ぞ
  • 秋(10・11・12月)……清算の時。4年前の悪夢が頭をよぎる
  • 冬(1・2・3月)……天使か悪魔か。思惑に左右される

(4・5・6月)

・新年度。トレーダーには迷惑な季節

春は、新年度の開始に伴って、学生や社会人が新生活をスタートさせるように、株式相場にも新しい風が吹き込んできて、相場が盛況になりやすい。

また、日本の上場企業の約7割が、この時期に決算発表を迎える。4月・5月のメインイベントである。通常、決算発表を好奇心旺盛に待ち望むのが投資家の姿なのだが、トレーダーの実情は異なっている。この時期、我々の多くは芳しくない顔をしているのだ。

「決算には手を出すな」がトレーダーの基本的な姿勢だ。なぜなら、4月から5月にかけての決算発表のピーク時には、どうポジションを取ろうが、株価は問答無用に大きく動いてしまうからだ。

引け後(15時以降)の決算発表が通例だが、ザラ場(場中)に発表する企業も増えている。大人しそうな銘柄が、決算発表を受けた次の瞬間、上下に勢いよく飛んだりする。翌日に持ち越した銘柄が、引け後の決算発表のおかげで大変なことになった……という苦い経験を持つトレーダーもいるだろう。

外はうららかな陽気に包まれていても、企業の業績より株式の値動きに着目するトレーダーにとって、春は危険な季節なのだ。

(7・8・9月)

・閑古鳥が鳴く相場。隣は何をする人ぞ

夏と言えば、トレーダーにとって暇な時期である。毎日トレードをしていると、7月半ばから、噂通りに市場から人が減っていくのがわかる。

例えば、直近高値を更新する相場展開で、我先にと買い向かっても、自分の後ろには誰もいないことがある。春にいたはずのトレーダーが不在なのである。しかも、徐々に減っていくので、気がついたときには取り残されたような、裏切られたような感覚に陥ってしまう。

この時季にトレードブログを開いてみると、「長期旅行に行ってきます」「今日は外に出て」等の記述が目に付くだろう。この点で、互いに顔の見えないトレーダーも「ああ、普通の人間なのだ」と安堵する季節でもある。

だが、2020年は4年に一度の夏のオリンピックが、しかも東京で開催される。出場選手の所属する企業に注目が集まりそうだ……と思ってところに、延期という思わぬ展開が襲ってきた。ウイルスの影響もまだ見通せないが、例年以上に寂しさが募る夏になるかもしれない。

(10・11・12月)

・清算の時。4年前の悪夢が頭をよぎる

年末が押し迫る秋を迎えると、トレーダーはどうしているのだろうか? 夏に枯渇した市場が再び潤い始める時期である。1年を締めくくるトレーダーの頭によぎるものは「成績」であり、思い通りの成績が残せていないトレーダーは、市場が活況になる10月と11月に最後の望みを託すことになる。

一方、機関投資家(証券会社等の法人)は、粛々とポジションを解消する作業に入る。特に12月は、買い・売りに偏った需給がフラットになる特徴が顕著になってくる。よって、相場の大きな流れを読み、ポジションを長めに保有する戦略に変えてくるトレーダーもいるだろう。

そして、2020年の11月にはアメリカ大統領選挙があるようだ。

4年前は、民主党のヒラリー・クリントンと共和党のドナルド・トランプが対決し、多くの世論調査を覆してトランプが勝利した。結果判明と同時に大きく株安・円高に振れたかと思うと、その直後から倍返しの上昇劇を演じたのだ。アメリカの株価指数であるダウ平均株価から目が離せないだろう。

(1・2・3月)

・天使か悪魔か。思惑に左右される

新年を迎えると、12月に一旦フラット(または空っぽ)になったポジションを、新たに積み上げる時期に入る。その影響で、1月・2月は掴みどころのない相場になりやすい。

おこづかい(=投資資金)を使い切っていない法人や余力のある投資家が、「さー、何を買おうかな」とウィンドウ越しに商品を吟味しているのだ。

吟味しているとき、人は優柔不断である。ユニクロの試着室を行ったり来たりするように、買いに傾いたかと思えば、あっさりと売り長に方向転換してしまう。我々トレーダーにとっては、大きなうねりの中で翻弄されてしまう季節になりやすい。

また、インフルエンザのピークが到来する中、2016年のチャイナショック、2018年のアメリカ発のVIXショック、2020年の新型コロナウイルスショックなど、日経平均株価が急落する場面が目に付く。

逆張り派のトレーダーは腕が試される一方で、実際にショックが起こると相場環境が大きく変化する(つまり、手法が通じなくなる)ので、短期トレーダーであっても要警戒だろう。

トレードの醍醐味とは

四季の折々の相場環境には、毎年同じような特徴的傾向が表れている。そこでは、これまで相場内の狭義であった「需給」という言葉が、人の生活・行動そのものを反映し、大きなうねりを形成する広義の意味として見ることができる。

こうして見てみれば、株価の一瞬のスキを狙い撃ちするテクニック重視のトレーダーも、短期的な目線と共に、長期的な目線もしっかりと併せ持っていることがわかるだろう。だが重要なのは、企業業績の展望に対してではなく、市場参加者の動向(増減)を見ているという点だ。

短期トレードなんて所詮「もぐら叩きゲーム」なんだから、四季とか関係ないんじゃね? という目でトレーダーを見ている向きにも、「へー、意外といろいろ考えているんだね」と思ってもらえたら嬉しい。そのうえで、長期投資とは違ったトレードの趣にも興味を持ったもらえたら幸いだ。

【おすすめ】なぜ明日上がる銘柄がわかるのか 元手30万円を数億円の利益に変えた株の秘密

あわせて読みたい
[執筆者]高野 譲
高野 譲
[たかの・ゆずる]株式・先物・FX投資家、個人投資家8年と証券ディーラー8年の経歴を持つ。現在は独立し、投資関連事業を法人化、アジアインベスターズ代表。著書に『図解 株式投資のカラクリ』『株式ディーラーのぶっちゃけ話』『超実践 株式投資のプロ技』(いずれも彩図社)などがある。【株窓アワード2019】
当社は、本記事の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想及び判断は有価証券の購入、売却、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。提供する情報等は記事作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。当社は本記事の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本記事の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。
明日上がる株は?
お知らせ
» ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」に配信中。「経済」「マネー」ジャンルから株窓をチェック!
SmartNews(スマートニュース)
» 国際的ニュース週刊誌「Newsweek(ニューズウィーク)」日本版ウェブサイトに記事を提供しています。
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト