変異株で高まる不安 それでもプロがずっと強気で見ている銘柄とは

株の学校ドットコム
最終更新日:2021-12-31 公開日:2021-12-01

11月相場を振り返って

選挙も終わり、日経平均株価は3万円を超えられないまでも高い位置で安定していましたが、最終週に新型コロナウイルスの変異種が見つかり、大きく売り込まれてしまいました。

きっかけは何であれ、全体が売られるときに買い向かうのは危険です。しっかりと方向を見極めて「上がり始めたら買う」を心掛けるようにしましょう。

10月終値 11月終値 騰落率
日経平均株価 28,892円 27,821円 −3.71%
TOPIX 2,001ポイント 1,928ポイント −3.64%
マザーズ指数 1,107ポイント 1,070ポイント −3.34%

11月相場で上がった株・下がった株

そんな2021年11月の相場を売買代金と値上がり率・値下がり率のランキングで振り返ってみたいと思います(データ提供:CMBトレード塾

・2021年11月の売買代金トップ20

・2021年11月の値上がり率トップ20

・2021年11月の値下がり率トップ20

11月相場でプロが気になった銘柄

この中から、気になる銘柄をピックアップしてみます。

・売買代金ランキング

  • 1位:レーザーテック<6920>………2.7兆円
  • 3位:東京エレクトロン<8035>……2.5兆円

半導体はもうずっと強い。みなさん、ちゃんと監視していますか? 半導体関連銘柄は数多くあれど、時価総額の大きいこの2社は必ず見ておきましょう。

テレビのリモコンからロケットまで、ありとあらゆる身の回りの製品に半導体は潜んでいます。いまこの記事を読んでいるスマホ、PCにももちろん使われています。調整することはあるかもしれませんが、基本的には強気で見ていていい業界だと思います。

  • 19位:マネックスグループ<8698>……3,900億円

利益の半分以上が暗号資産関連であり、かつ子会社がアメリカで上場するという報道により大きく買われる場面があり、売買代金ランキングでもランクイン。

ビットコインやイーサリアム、NFTなど関連ワードが飛び交う度に注目を集める銘柄となりました。暗号資産関連として、ビットコイン等の価格とともに監視しておいたほうがいい銘柄のひとつです。

・値上がり率ランキング

  • 3位:OKK<6205>……+118%(340円→742円)

自動運転、電気自動車界隈への投資を加速している日本電産<6594>による子会社化の発表で大きく上昇。自動運転、電気自動車は脱炭素やSDGsの流れもあり、今後も注目しておきたいテーマです。

トヨタや日産、ホンダなどのメーカーよりも、日本電産やデンソー<6902>などの部品メーカーにこそ今後大きなチャンスがありそう。しっかりと見ておきましょう。

・値下がり率ランキング

  • 3位:グローバルウェイ<3936>……−46%(3,350円→1,820円)

「ウェイウェイ!カカムーチョ!カカムーチョ!」

いや、決してふざけているわけではなくて、同社の代表がツイッターを通して上記のようなめちゃくちゃな発信をして株価が大きく上昇しました。しかし、絶対に手を出してはいけない銘柄なので、このコラムでは取り上げてきませんでしたが、いよいよ下落が始まったのでピックアップ。

毎回ここで叫ばせてもらっていますが、改めて叫びます──「仕手株には手を出すな!

変異株で年末はどうなる?

年末に向けて日経平均3万円突破!という美しいタイトルで原稿を書きたかったのですが、残念な結果となってしまいましたね。

さてここで、10月のコラムで書いたグリー<3632>の自社株買いがどれくらい買われていたか、の答え合わせをしましょう。

まず、9月30日にグリーが発行済み株式数の16.8%にあたる3,500万株、350億円の自社株買いを発表。10月1日から来年2022年9月までの期間での実施ですが、株価はすでに大きく上昇しており、先月のコラムでは「1000万株くらい買ったんじゃないかなぁ」と予想。

正解は、なんと1536万4000株と買付け予定の半分近くを買っていました(詳細はここからチェックできます → R3.11.08自己株券買い付け状況報告書|EDINET)。

自社株買いが終わった後どういう値動きになるのかを考えながら株価の動きを追っていくと、新しい発見があります。いい機会ですので是非チェックしてみてください。11月中にいくら買ったのかも、12月上旬には同じEDINETで確認できます。私の予想だと、もう9割くらい買い終わったのかなと考えていますが、さて。

年末に向けて気をつけるべきこと

新型コロナウイルスの変異株により、定期的に世界に不安の風が吹き荒れます。世界がまた閉じた方向に向かうのか、それとも「なかったこと」のようにふるまっていくのか。マーケットはいち早く不安を織り込みに向かっていますが、どうなることか。

どうなるにせよ、「上がるはず!」「下がるはず!」という決めつけでポジションを取ることはないようにしてください。

年末に向けて、できれば変異種も落ち着いて、大きく上昇、そしていい一年だったと思える相場になればいいですね!

(株の学校ドットコム講師・窪田 剛

【おすすめ】なぜ明日上がる銘柄がわかるのか 元手30万円を数億円の利益に変えたプロの銘柄選び

2005年設立の無料オンライン株式スクール。短期の売買を繰り返す「トレード」を生かして、自分自身の力で継続的に稼ぎ続けるための知恵とスキルを提供する。現役トレーダーの講師による、あくまで本質にこだわった講義が、15年以上にわたり多くの支持を集めている株式トレード教育の老舗。受講者数は68万人を超え、同種のサービスとして日本一の規模を誇る。講師の著書に『株の学校』『株の学校 超入門』(著者・窪田 剛)などがある。公式サイト:株の学校ドットコム
最新記事
当社は、本記事の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想及び判断は有価証券の購入、売却、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。提供する情報等は記事作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。当社は本記事の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本記事の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。
お知らせ
» ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」に配信中。「経済」「マネー」ジャンルから、かぶまどをチェック!
SmartNews(スマートニュース)
» 国際的ニュース週刊誌「Newsweek(ニューズウィーク)」日本版ウェブサイトに記事を提供しています。
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
トヨタを買って大丈夫?