鍋敷きにしない『四季報』活用法 見るべきはページの“隅っこ”

1936年(昭和11年)創刊、今年で80周年になる雑誌『会社四季報』は、個人投資家がインターネットで投資情報を楽に収集できるようになった今でも、書店にずらりと平積みされるベストセラーです。しかし、分厚いし、字が多すぎてどこを見ていいかわからない。で結局、鍋敷きになったりしていないでしょうか?

続きを読む

1社当たり0.6円! 投資家のバイブル『会社四季報』の5つのチェックポイント

上場企業3600社の情報が、たった2060円(税込)で買えます。しかも、「週刊東洋経済」でおなじみの東洋経済新報社の記者が取材したコメントと業績予想までついて、このお値段。

あまりの分厚さ(辞書レベル)に圧倒されがちですが、ポイントさえ押さえてしまえば、コストパフォーマンスと情報の質は抜群です。

続きを読む