2020年の株価はどうなる? 子年の株式市場は本当に繁栄するのか

網代奈都子 2019/12/20

干支で読む、2020年の株式相場

もういくつ寝ると令和も2年目に突入します。東京オリンピック・パラリンピックを迎える2020年の株式相場はどうなるのか、大いに気になるところですが、株式相場には「アノマリー(Anomaly)」と呼ばれる〝法則のようなもの〟がたくさんあり、日本にはこんな相場格言もあります。

辰巳(たつみ)天井、午(うま)尻下がり、未(ひつじ)辛抱、申酉(さるとり)騒ぐ、戌(いぬ)は笑い、亥(い)固まる、(ね)は繁栄、丑(うし)はつまずき、寅(とら)千里を走り、卯(うさぎ)は跳ねる

この干支アノマリーによれば「子は繁栄」、つまり子年(ねずみどし)の2020年の株式市場は「かなりいい感じ」ということになりそうですが、それは本当でしょうか。ここでは未来を予測するのではなく、過去の子年を振り返ることで、来たる新年に思いを馳せてみたいと思います。

2008年(平成20年)──リーマンショック!

  • 年始の始値=15,155.73円
  • 年末の終値=8,859.56円 −6,296.17円(−58.46%)

日経平均株価がおよそ半値になる大・大・大暴落。「繁栄」どころではありません。

2008年9月15日に、米投資銀行リーマン・ブラザーズが連邦倒産法第11章の適用を申請し、経営破綻しました。これがいわゆる「リーマンショック」ですが、チャートを見ると、それに呼応するように、日経平均株価も9月末から10月にかけ大幅に下げていることがわかります。

リーマンショックの要因となったのは、返済されるかどうかが怪しい危険な不良債権・サブプライムローンを抱えすぎたせいです。前年の2007年には、フランスの大手銀行がサブプライムローンが組まれたファンドの解約を凍結し、世界中の投資家がパニックになった「パリバ・ショック」も起きています。

つまり、サブプライムローンには「キナ臭い」動きがすでにあったわけですが、ここまで決定的な出来事がない限り株価が下がらないというのは、なかなか興味深いですね。

【2008年の新語・流行語大賞】

  • アラフォー
  • グ〜!(エド・はるみの一発ギャグ)

1996年(平成8年)──失われた20年の序盤戦

  • 年始の始値=19,945.68円
  • 年末の終値=19,361.35円 −584.33円(−3.3%)

年の始値と終値で比較しても、また、年内のチャートの動きを見ても「小幅な値動き」にとどまり、「繁栄」感はまったくありません。

この2年前から、「失われた20年」と言われる時代がスタートしています(他の区切り方をする場合もあります)。不景気ではあるのですが、その一方で、ダイエー(現・イオン<8267>)やイトーヨーカドーなどの大手スーパーは、この年から元日営業に舵を切っています。

2019年には「働き方改革」「人手不足」などで元日営業は縮小の流れが進んでいますから、時代の移り変わりを感じます。

【1996年の新語・流行語大賞】

  • 自分で自分をほめたい(アトランタ五輪で3位に入賞した有森裕子の言葉)
  • 友愛/排除の論理(鳩山由紀夫元首相の政治方針)
  • メークドラマ(セ・リーグ大逆転優勝を遂げた長嶋茂雄監督の言葉)

なお、トップ10の中には「援助交際」も入っており、不穏な世相が透けて見えます。

1984年(昭和59年)──バブルが始まる2年前

  • 年始の終値=9,927.11円
  • 年末の終値=11,542.60円 +1615.49円(+16.3%)

若干夏ごろに沈んでいますが、日経平均株価はおおむね右肩上がり。年始から年末までの値上がり率は16.3%と、まずまず「繁栄」と言っていい一年ではないでしょうか。トヨタ自動車<7203>が製造業としては日本初の「売上高5兆円企業」となったのも、この年からです。

『現代用語の基礎知識』が発表する「新語・流行語大賞」はこの年からスタート。大賞にあたる金賞は「オシンドローム」。NHK朝の連続テレビ小説『おしん』への熱狂ぶりが伝わる言葉です。貧困の中を生きぬくヒロインの物語ですが、放送されていたのはむしろ、しっかり好況な時代だったのです。

1972年(昭和47年)──懐かしき繁栄の日々

  • 年始の終値=2,712.31円
  • 年末の終値=5,207.94円 +2495.63円(+92.0%)

株価がおよそ倍になるという、まさに「繁栄」の一年でした。チャートを見ても大きな崩れはない、きれいな右肩上がりです。

連合赤軍による「あさま山荘事件」など物騒な出来事もありましたが、経済的には順調で、札幌、福岡、川崎の各市が政令指定都市になり、人口増や都市の繁栄、ひいては日本経済の繁栄が偲ばれます。

ちなみに、低価格家具で一世を風靡している「ニトリ」のニトリホールディングス<9843>は、この年に創業しています。結構老舗なんですね。

1960年(昭和35年)──岩戸景気、絶賛進行中

  • 年始の終値:869.34円
  • 年末の終値:1,356.71円 +487.37円(+56.1%)

戦後の高度成長期の中でも特に長く続いた「岩戸景気」(1958年7月~1961年12月)の真っ最中だったこの年。株価も年間で56.1%増と、こちらも「繁栄」を絵に描いたような一年でした。

安保闘争が激化するなど国政は混乱もありましたが、その一方で、カラーテレビの放送が開始した年でもあります。世界に目を向けると、トーゴやコンゴが西欧諸国から独立するなどの動きがありました。

子が繁栄したのは昔の話?

リーマンショックが大爆発した2008年、失われた20年が始まったばかりの1996年、バブル2年前でおおむね堅調な1984年、日経平均倍増の絶好調1972年、岩戸景気でテレビで株価も好調の1960年……

過去5回の子年の日経平均株価の推移を見てみると、総じて「繁栄」とまとめるにはとても無理があることよくがわかります。アノマリーとして成立しているのは1984年までの〝過去〟のお話、と言うことができるのかもしれません。

相場が小幅な値動きをしようと、大幅な値動きになろうとも、どちらもうまく乗りこなすために必要なのは、アノマリーではなく、自分だけの確固とした投資判断です。2020年こそ、自らの手で「繁栄」を造り出したいものですね。


過去には〝法則〟と呼べる実績があったとしても、時代の移り変わりとともに、その効力が失われていくのは当然と言えるでしょう。それに対して、長年にわたって利益を積み重ねるプロのトレーダーたちは、どんな時代にも通用する考え方を身につけているからこそ、安定して利益を出し続けられるのです。

では、プロトレーダーはなぜ「明日上がる銘柄」を見抜くことができるのでしょうか? 勝ち続けるトレーダーの「銘柄選びの極意」を、こちらの電子書籍で紹介しています。

【銘柄選びの教科書】なぜ明日上がる銘柄がわかるのか──元手30万円を数億円に変えた株の秘密

あわせて読みたい
[執筆者]網代奈都子
網代奈都子
[あじろ・なつこ]30代OL。仕事のかたわらトレードを行っており、そのスキルを磨くべく日々勉強中。目下の目標は年間の利益100万円。安定した利益を出し、ペット可物件に引っ越すのが夢。【株窓アワード2019】
当社は、本記事の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想及び判断は有価証券の購入、売却、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。提供する情報等は記事作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。当社は本記事の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本記事の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。
YouTube、あります。
お知らせ
» ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」に配信中。「経済」「マネー」ジャンルから株窓をチェック!
SmartNews(スマートニュース)
» 国際的ニュース週刊誌「Newsweek(ニューズウィーク)」日本版ウェブサイトに記事を提供しています。
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト