いよいよ日経3万円が射程圏内に! 2021年に向けてプロが注目する銘柄とは

株の学校ドットコム 2020/12/31

《大納会前日に大幅高となった日経平均株価。ついに、31年ぶりの高値を回復しました。今年は「◎年ぶり」という言葉が何度も躍ったわけですが、2021年はそんな枕詞がつかない、純粋な最高値更新をしてほしいところです》

激動の2020年を終えて

11月に大きく上昇した日経平均株価は12月を通してほぼ横ばいが続きましたが、大納会前日に27,000円を超えて大幅に上昇。こうして激動の2020年の取引を終えました。

3月に16,358円の安値をつけて、終値が27,444円。実に1万円以上の変動がありました。金融緩和マネーの流入が大きな要因と考えられますが、もしそうであれば、2021年も大きく上昇が見込めます。しっかりと振り返って、2021年に備えてましょう。

【日経平均株価】26,433円から27,444円へ、3,456円(3.8%)の上昇

【TOPIX】1,579から1754へ、175ポイント(2.9%)の上昇

【マザーズ指数】1,171から1,232へ、61ポイント(−2.9%)の下落

12月相場で上がった株・下がった株

そんな2020年12月の相場を売買代金と値上がり率・値下がり率のランキングで振り返ってみたいと思います。

【2020年12月の売買代金トップ20】

順位 証券コード 銘柄 売買代金
1 9984 ソフトバンクグループ 3.52兆円
2 7974 任天堂 1.95兆円
3 7203 トヨタ自動車 9388億円
4 6758 ソニー 9319億円
5 9983 ファーストリテイリング 8733億円
6 2413 エムスリー 6785億円
7 6098 リクルートホールディングス 6084億円
8 8035 東京エレクトロン 5948億円
9 6861 キーエンス 5725億円
10 6594 日本電産 5074億円
11 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 4824億円
12 9434 ソフトバンク 4140億円
13 9202 ANAホールディングス 4122億円
14 6981 村田製作所 4082億円
15 3436 SUMCO 3903億円
16 8316 三井住友フィナンシャルグループ 3894億円
17 4063 信越化学工業 3731億円
18 6954 ファナック 3731億円
19 9432 日本電信電話 3683億円
20 4502 武田薬品工業 3556億円

【2020年12月の値上がり率トップ20】

順位 証券コード 銘柄 値上がり率
1 9610 ウィルソン・ラーニング ワールドワイド +134.10%
2 6400 不二精機 +100.80%
3 7922 三光産業 +89.70%
4 7782 シンシア +84.50%
5 5922 那須電機鉄工 +76.80%
6 5974 中国工業 +73.10%
7 4274 細谷火工 +72.70%
8 6635 大日光・エンジニアリング +63.30%
9 2375 ギグワークス +62.20%
10 5724 アサカ理研 +58.50%
11 3320 クロスプラス +58.50%
12 6852 テクノ・セブン +55.70%
13 7012 川崎重工業 +53.30%
14 9519 レノバ +52.80%
15 7869 日本フォームサービス +52.70%
16 2303 ドーン +52.10%
17 8938 グローム・ホールディングス +51.60%
18 3260 エスポア +50.00%
19 4934 プレミアアンチエイジング +49.10%
20 6846 中央製作所 +47.70%

【2020年12月の値下がり率トップ20】

順位 証券コード 銘柄 値上がり率
1 2191 テラ −64.0%
2 6982 リード −47.7%
3 2929 ファーマフーズ −39.5%
4 3808 オウケイウェイヴ −36.3%
5 7357 ジオコード −34.4%
6 2134 燦キャピタルマネージメント −32.7%
7 6550 Fringe81 −30.6%
8 4592 サンバイオ −30.6%
9 6192 ハイアス・アンド・カンパニー −28.8%
10 9270 バリュエンスホールディングス −28.6%
11 4699 ウチダエスコ −28.4%
12 3931 バリューゴルフ −28.3%
13 7067 ブランディングテクノロジー −28.2%
14 4598 Delta−Fly Pharma −27.9%
15 6195 ホープ −27.9%
16 3921 ネオジャパン −27.4%
17 3976 シャノン −27.4%
18 3578 倉庫精練 −27.0%
19 2764 ひらまつ −26.6%
20 3917 アイリッジ −26.2%

(データ提供:CMBトレード塾)

気になる銘柄をピックアップ

この中から、気になる銘柄をピックアップしてみます。

【売買代金1位】ソフトバンクグループ<9984>

売買代金がダントツ1位の3.5兆円。2位の任天堂が1.9兆円なので、その約2倍! 注目の大きさがわかるかと思います。

MBOによる上場廃止のニュースが出て大きく上昇(7,436円から8,900円まで約20%)したかと思えば、投資先の中国アリババに当局が聴取するというニュースにより大きく下落したりと、大きなニュースが立て続けに出た結果、このような売買代金となりました。

投資会社として生まれ変わったソフトバンクグループは2021年も目が離せません。

【売買代金2位】任天堂<7974>/【売買代金4位】ソニー<6758>

巣ごもり消費が長期にわたって続いたことで、2020年はゲーム関係の事業が大きく伸びた一年となりました。ゲームのプラットフォームとして世界で戦えるこの2社は、今後も事あるごとに売買が集まることでしょう。

【値上がり率2位】不二精機<6400>

自動車と医療機器の金型の会社がなぜこんなに上昇したのか?

12月は、新型コロナウイルスのワクチンが各国で実用化されて、少しずつワクチンを打つ人が増えてきました。そうなるとワクチンの開発・輸送・保管など、それにまつわる企業に注目が集まり、不二精機のように大きく上昇するものもありました。

ワクチン開発のIRで高騰していた新興バイオ企業ではなく、こういった銘柄に資金が流れ込むというのは、興味深いですよね。コロナにかかわらず、ふだんから頭を柔らかくしておけば、こういう関連ビジネスにいち早く気づいて利益に変えることが可能です。

日々勉強

【値上がり率13位】川崎重工業<7012>

重厚長大産業かつ大型銘柄なのに、1か月で53%も上昇しました。それまで売られていたとはいえ、こんな短期間で、こんな大型銘柄が、こんなに大きく上昇するのか!という大きな驚きにより、しっかりと記録に残しておいて今後に活かしていきたいと思い、あえてピックアップしました。

地道に産業を支えている企業でも、こんなに大きな株価の変動があります。こういう銘柄はあまり動かないという先入観が大きな利益を遠ざけてしまうこともあります。

トレードは、株価の動きが全て

これをしっかりと頭に叩き込んで、これからの利益につなげていきましょう。

【値下がり率1位】テラ<2191>

値上がり率2位の不二精機と対極をなす動きをしたことが、ここにピックアップしたポイントです。

4月に、新型コロナウイルスのワクチン開発をするというIRをぶち上げた結果、株価が100円から2,100円にまで跳ね上がりました。大きく上昇したのはいいものの、現在の株価は223円。このような夢だけを語るIRに引きずられて上昇した銘柄には絶対に投資しないようにしてほしいと思います。

手を出すとしても短期! そして必ずロスカットすること! まだ持っている人がいたら、すぐにロスカットをしてください。

日経平均3万円に向けて今やるべきこと

「日経平均3万円!」なんて、ここ10年くらいずっとネタで言ってきましたが、あと10%上昇したら手が届いてしまうところまで来ました。

アメリカをはじめ、世界各国で株価は史上最高値を更新していますが、日本だけはまだバブルの高値を引きずっており、「◎年ぶりの高値!」という表現が続いています。でも2021年には、ついにバブルの高値を超えて、「史上最高値を更新!」というニュースが見られるかもしれません。

緩和マネーによる株価上昇はまだまだ続きそうです。2021年に来るビックウェーブにしっかりと乗れるように、2020年の振り返りと勉強をして、備えておくようにしてください。

(株の学校ドットコム講師・窪田 剛

【おすすめ】なぜ明日上がる銘柄がわかるのか 元手30万円を数億円の利益に変えたプロの銘柄選び

あわせて読みたい
株の学校ドットコム
2005年設立の無料オンライン株式スクール。短期の売買を繰り返す「トレード」を生かして、自分自身の力で継続的に稼ぎ続けるための知恵とスキルを提供する。現役トレーダーの講師による、あくまで本質にこだわった講義が、15年以上にわたり多くの支持を集めている株式トレード教育の老舗。受講者数は68万人を超え、同種のサービスとして日本一の規模を誇る。講師の著書に『株の学校』『株の学校 超入門』(著者・窪田 剛)などがある。公式サイト:株の学校ドットコム
当社は、本記事の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想及び判断は有価証券の購入、売却、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。提供する情報等は記事作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。当社は本記事の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本記事の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。
トヨタを買って大丈夫?
お知らせ
» ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」に配信中。「経済」「マネー」ジャンルから株窓をチェック!
SmartNews(スマートニュース)
» 国際的ニュース週刊誌「Newsweek(ニューズウィーク)」日本版ウェブサイトに記事を提供しています。
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト