「とりあえず任天堂を買おう」で大丈夫? 銘柄選びに欠かせない大事な話

よく売買代金の上位に名前が登場する企業と言えば、日本を代表するゲームメーカーの任天堂<7974>です。マリオもポケモンも、日本だけでなく世界中で大人気ですから、やっぱり株の銘柄としても大人気になっている……ということなのでしょうか?

株の初心者にとって、株の銘柄選びは実はかなりの難問。そこで、トヨタ自動車<7203>や任天堂といった〝有名どころ〟に手を出しておけば間違いなかろう、と思ってしまうわけですが、果たして、本当にそれでいいのでしょうか?

なぜ任天堂は売買代金が多いのか

最初に、混乱しがちな「売買代金」と「出来高」の違いをおさらいしておきます。

  • 売買代金……売買された金額
  • 出来高……売買された株の数(「売買高」とも)

ヤフーファイナンスや証券会社のサイトなどで両方のライキングを見比べてみると、売買代金が上位の銘柄は、出来高上位の銘柄よりも株価が高いことがわかります。

任天堂のように株価が数万円(単元なら数百万円)もする銘柄は、誰でも気軽に売買できるとは言いがたいシロモノです。反対に、株価が100円に満たない銘柄は買いやすいために頻繁かつ大量に取引され、結果として、出来高は大きくなります。

売買代金が多い銘柄は、株価が高い中でも活発に取引されている銘柄だと言うことができます。

任天堂は、そんな売買代金のランキングで、いつもトップ5に入っているような常連銘柄です。2018年9月4日も、売買代金696億8828万5000円で上場全銘柄中の第1位(ETFを除く)。ちなみに、株価は39,750円で、出来高は175万8400株でした。

やはり商品と同じように大人気の任天堂株ですが、じゃあ、その要因は一体なんなのでしょうか?

業績と株価のフシギな関係

まず、任天堂の近年の業績を見てみましょう。

下は、任天堂のホームページからダウンロードしたグラフです(画像をクリックするとサイトに移動します)。赤い棒グラフが売上高、ピンクが営業利益、緑の折れ線グラフが営業利益率となっています。

こうして見てみると、2018年3月期の決算で営業利益率が大きく伸びていますが、2014年には営業赤字だったわけで、いつでも絶好調、というわけではないようです。

一方、株価の推移はどうでしょうか。同時期の株価チャートを見てみましょう。

株価と業績は必ずしもリンクしないところが株の難しさです。しかしながら任天堂の場合、おおむね業績の改善に伴って株価も上がっていることがわかります。特に2017年は株価大躍進の1年で、年初に購入して翌年頭に売却していれば、約2倍で売り抜けられました。

どんな大企業の株価でも、動くときは動く

ここで気にしたいのは、1年で2倍になった、という事実です。ベンチャー企業やIPO銘柄に限らず、トヨタ自動車や任天堂のように誰でも知っている大企業であっても、このように株価はかなり変動するものなのです。

初心者の方の「まずはトヨタや任天堂を買っておこう」という心理の裏には、「業績が良いらしいから株価も上がるだろう」という思惑とともに、「大きく崩れることはないだろう」という期待が見え隠れします。

しかし、任天堂のように1年で2倍になる場合もあるということは、裏を返せば、1年もしくはもっと短い期間で株価が2分の1になるような場合もあり得る、ということです。

実際、あのトヨタ自動車でも、営業利益率は手堅く伸びているのに株価は25%下落している……という時期もありました(参考記事:「トヨタを買っておけば大丈夫」ってほんと? 銘柄選びの常識・非常識)。

それが、まさに「業績と株価は必ずしも連動しない」ことを裏づけていると言えるでしょう。

投資家もポケモンに沸いた7月の熱狂

任天堂の株価が大躍進を遂げたのは、何と言っても、2016年7月にリリースされた「ポケモンGO!」のおかげです。リリース直後は社会現象と呼べるほどの大盛り上がりでした。

しかし面白いのは、その2016年7月の株価です。上のチャートを見ると、ローソク足の「実体」(月の始値〜終値の幅)が、他の月と比べて明らかに長く伸びています。つまり、ひと月の値幅がかなり大きかったわけです。

さらにそこから上に伸びている「上ヒゲ」は、この月の高値を表します。前月高値のほぼ倍と言える32,700円をつけていますが、終値は21,505円まで落ち着き、その後じわじわと株価を上げていったことがわかります。

その月は出来高も、他の月と比べると言葉どおりの「桁違い」で、ゲーマーだけでなく投資家も「ポケモンGO」の狂騒の中にいたことがよくわかります。投資家たちの揺れに揺れた思惑が、こうしてチャートの形になって残ったのです。

銘柄選びの教科書を、あなたに

「ポケモンGO」のリリースから2年。一時期の熱狂は過ぎ去ったものの手堅く成功していると言えるはずですが、それに対して任天堂の株価は、前年の上昇から一転、はっきりとした下落傾向です。ここから、ポケモンGOで「上がり過ぎた」と考えている投資家が多いことがうかがえます。

このように、「投資家の心理」が株価を動かしているということは忘れないでおきたいポイントです。「これからますます人気が出るかもしれない。乗り遅れたらまずい!」という状況が投資家の心を熱くし、それゆえ株価を高騰させることが、往々にしてあるからです。

株価は、業績が良ければ素直に上がるとは限りません。それは言い換えると、銘柄選びの指針として業績だけでは心許ない、ということになります。では、日々多くの銘柄を見抜き、継続して利益を出し続けているプロのトレーダーは、一体なにを頼りに銘柄選びを行っているのでしょうか?

勝ち続けるトレーダーが実際に使っている「根拠」を知りたいと思った方は、こちらをどうぞ。

『なぜ明日上がる銘柄がわかるのか?
 元手30万から数億円の利益を出してきた株の秘密』
 

窪田 剛(株の学校ドットコム講師)

2018/09/05

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

【株の窓口】の最新情報をお届けします

「とりあえず任天堂を買おう」で大丈夫? 銘柄選びに欠かせない大事な話」の著者
株の窓口 編集部
「こうすれば絶対に勝てる」「これを買えば儲かる」といった、ひとりの個人の独断や成功体験よりも「普遍的な事実」こそが重要だと考え、小手先のテクニックではない、投資・トレードの本質をお伝えします。多くの個人投資家が無防備なまま株式市場に参加し、大切なお金をなくしています。そうした負の流れを変えるべく、株初心者の方や、これから株を本気で始めようとしている方にもわかりやすい解説を心がけています。
当社は、本記事の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想及び判断は有価証券の購入、売却、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。提供する情報等は記事作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。当社は本記事の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本記事の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。
友だち追加

お知らせ

ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」にも配信中! 「経済」「マネー」ジャンルから株窓をチェック!
SmartNews(スマートニュース)
小学館の雑誌「マネーポスト」ウェブサイトと、株の窓口の提携がスタートしました!
マネーポストWEB
国際的なニュース週刊誌「Newsweek(ニューズウィーク)」日本版ウェブサイトでも、株の窓口の記事をお読みいただけます!
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト