言葉がわかれば理解が進む! 最初に覚えるべき投資用語14選

「ボーナス(あるいは退職金など)で少しまとまったお金が手元に入った。銀行に貯金しても増えないため、ここはそろそろ株式投資を始めてみようかな」

きっかけは様々ですが、実際に株式投資を始める方は年々増加しています。

しかし、いざ一歩進もうとすると、英語の勉強と同じく「単語の意味がわからない!」となって、それ以上は前に進めない事態に陥ってしまいがちです。

続きを読む

NISAの目的とは?そこには日本政府が考える重要な鍵がある。

日本では2003年1月から2013年12月まで株式投資の利益に対する税金の減税を行ってきた。具体的には利益に対する20%が税金の対象であったが、10%への減税が継続して行われてきた。しかしながら、2014年1月より本減税制度がNISAへと切り替わった格好となる。

日本政府の目的は日本国民の貯蓄額が他国と比べて突出して多いため、この資産を投資に向かわせることによる経済の活性化やアベノミクスによる株高の恩恵を多くの国民に享受させるべく行った政策である。「貯蓄から投資」への明確なコンセプトを掲げている。

続きを読む

ドルコスト平均法は優れた投資手法なのか? NISAが始まった2014年から検証してみた

ドルコスト平均法って何?
株式投資をはじめようとするといくつかの手法に出合う。
その中で比較的前半に現れるのがテクニカル分析に出てくる「ゴールデンクロス」とこの「ドルコスト平均法」ではないかと思う。

これは「優良銘柄を見つける方法」ではなく、「どのようにして購入すべきか」という「買い方」の手法である。

この手法の内容は以下の通りだ。

続きを読む

これで納得! 5分でわかるNISAのメリット・デメリット

2014年1月、「NISA(ニーサ)」と呼ばれる少額投資非課税制度がスタートしました。

配当や譲渡益が非課税になるというメリットばかりに目がいき、その陰に隠れたデメリットを知らないままに、「気づいたら損していた……」というようなことがないようにしたいものです。

NISAのメリットとデメリット、また、その本質から考えるとどのような投資スタイルが合っているのか、をご説明します。

続きを読む