「株窓アワード2019」を開催 今年最も読まれた記事は?

株窓編集部 2019/12/24 14:00

2019年も残すところわずかとなった12月某日、都内で「株窓アワード2019」が開催されました。日頃、当サイトに原稿をお寄せいただいている執筆陣が一堂に会し、今年最も読まれた記事の表彰が行われたほか、2019年の株式市場を振り返るなどして大いに盛り上がりました。

株窓アワード2019

大 賞(最も多くのページビューを集めた記事)

検索賞(検索からのアクセスが最も多かった記事)

SNS賞(SNSからのアクセスが最も多かった記事)

スマニュー賞(ニュースアプリ「SmartNews」で最も読まれた記事)

特別賞

プロが注目する決算発表“前”の値動き その読み解き方の極意
(高野 譲)


「株の窓口」では2020年も、より多くの個人投資家・トレーダーに求められる記事を発信してまいります。「こんな記事が読みたい」「あの話について解説してほしい」などのご要望がありましたら、お問い合わせフォームまたは各SNS(フェイスブックツイッター)からお気軽にお寄せください。

2019/12/24
[執筆者]株窓編集部
株窓編集部
無防備なまま株式市場に参加して大切なお金をなくしてしまう人をひとりでも減らしたい──そんな思いから、未来の株価や相場を予測するのではなく、過去の事例やデータといった「普遍的な事実」に焦点を当てた記事を発信します。同時に、株初心者の方や、これから株を本気で始めようとしている方にもわかりやすい解説を心がけています。 →この執筆者の記事一覧へ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

【株の窓口】の最新情報をお届けします

当社は、本記事の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想及び判断は有価証券の購入、売却、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。提供する情報等は記事作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。当社は本記事の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本記事の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

お知らせ

「株の窓口」ではライター/編集者を募集しています。詳細はこちらから。
ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」に配信中。「経済」「マネー」ジャンルから株窓をチェック!
SmartNews(スマートニュース)
国際的ニュース週刊誌「Newsweek(ニューズウィーク)」日本版ウェブサイトに記事を提供しています。
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト