株式投資でお金を増やせる理由と、その先にある「自由」

株窓編集部 2020/05/22

株式投資でお金が増える理由

多くの人にとって、株式投資を勉強しようと思ったきっかけは「お金を増やせるから」ではないでしょうか。銀行の定期預金では雀の涙……というより、ほぼお金が増えない現代において、「お金を増やせる」ことは、それだけでとても魅力的です。

では、なぜ株式投資でお金を増やせるのでしょうか?

そもそも「株式投資」とは

株式投資ではうまく運用すればお金を増やせますが、そもそも株式投資とは何でしょうか? それは、企業が出資者を募るために発行する「株式」を購入することで、企業に出資する行為です。

企業は、新しい製品を開発するため、工場や機械などの設備投資のため、人材を雇用するためなど、さまざまな理由で多くの資金を必要とします。そこで「株式」を発行して出資してくれる人を募り、集まった資金を活用して利益を生み出すことを目指していきます。

ここでひとつの疑問が生まれます。株式を購入するだけならお金が減るのでは? 実は、ここから先に「お金を増やせる」理由が隠されているのです。具体的には、以下の3つの理由があります。

  1. 売却益を得られる
  2. 配当金を得られる
  3. 銀行預金よりも利回りが大きい

1.売却益を得られる

株式投資でお金を増やせる理由のひとつに、株式の売却益があります。購入した株式の株価が上昇した場合、その株式を売却することで「値上がり益(キャピタルゲイン)」が得られます。つまり、買ったときの金額と売ったときの金額の差額が利益になるということです。

例えば、ある企業の株式の株価が1万円のときに1株購入したとしましょう。のちにその株価が上がり、13,000円にまで株価が上昇したときに売却したとすれば、3,000円の利益が出ます。このように、株式を売買することで利益を得られるのが、株式投資の最大のメリットであると言われています。

一方で、株価が値下がりしてしまうケースもあります。このような状況で株式を売却すると、「値下がり損(キャピタルロス)」が発生します。言うまでもなく、株式投資にはこの絶対的なリスクがあることも理解しておかなければなりません。

2.配当金を得られる

株式投資でお金を増やせる理由の2つめが「配当金」です。配当金とは、企業の事業活動によって生まれた利益の一部を、その企業の株式を購入してくれた人(=株主)に還元することをいい、株主が配当金によって得られる利益を「インカムゲイン」と呼びます。

配当金は、企業によってその金額や支払い回数に違いがあります。また、毎回決まった金額が支払われるものではなく、業績の好不調によって増減したり、支払われなかったりします。

キャピタルゲインだけではなく、インカムゲインも得られる可能性がある──これもまた株式投資のメリットとなります。

・株主優待があれば、なお嬉しい

ちなみに、インカムゲインは配当金だけではありません。たとえば「株主優待」。企業が株主の持ち株数に応じて自社の製品や優待券などを提供するもので、金券や食料品など、提供されるものは企業によって異なります。

株主優待を目当てに投資を行う人もいますが、企業によっては株主優待制度がない場合や、制度があっても廃止する場合がありますので、株式を購入する前にしっかりと確認しておきましょう。

3.銀行預金よりも利回りが大きい

一般に、株式投資によって資金(=資産)を運用する場合、その利回りは銀行預金より大きくなります。これが株式投資でお金を増やせる3つめ理由です。

例えば、ある企業の株式を株価100円で1,000株購入したとします。株価は順調に上昇し、1年後には120円になりました。この株式の1株当たりの配当金が5円だったとして、利回りはどのくらいになるでしょうか?

  • 投資の元本……購入時株価100円×1,000株=100,000円
  • 現在の資産……現在株価120円×1,000株=120,000円
  • 値上がり益……120,000円-100,000円=20,000円
  • 配当金…………5円×1,000株=5,000円
  • 年間利益………値上がり益20,000円+配当金5,000円=25,000円
  • 年間利回り……年間利益25,000円÷投資元本100,000円×100=25%

確かにリスクはある、しかし、お金を大きく増やせる可能性もある。その可能性が株式投資の大きな魅力であることは間違いありません。銀行預金の利回りが0.001%程度、ネット銀行で金利が高くても0.1%程度であることを考えれば、手元の資金の増え方に大きな差があることがわかります。

もちろん、これは利益が発生した場合の一例であり、損失が発生した場合は利回りがマイナスになるケースも当然あります。

また、値上がり益は、実際には株式を売却してはじめて確定する利益です。そのままずっと保有していて、気づいたら値下がりしていた……なんてことも実はよくありますので、ご注意ください。

株式投資で「自由」を手に入れる

株式投資を通じて手元のお金を増やせたと仮定して、ちょっと考えてみてください。お金を増やすために何か「労働」をしたでしょうか? もちろん、答えはNO。株式投資でお金が増えたことは、すなわち、「お金自身が働いてくれた」ことを意味するのです。

そして、労働せずに得られるお金が生活費を超えたとき、人は経済的・時間的自由を手にします。自分の好きなことに、自由に時間を使えるようになるということ、実は、これこそが株式投資の最大の魅力と言ってもいいかもしれません。

「お金を増やせる」ことの先にある経済的・時間的自由。これに気づいた多くの人が、株式投資について真剣に勉強したいと考えるようになります。これまで諦めていたことに、どうせ無理だろうと二の足を踏んでいたことに挑戦できるかもしれない、と思うからです。

自由を手にするための絶対条件

ただし、それは誰でも簡単に得られる果実ではありません。「労働しなくていいのだから楽に稼げる」「勝利の法則を知れば絶対に儲けられる」と思う人も少なくないのですが、もし本当にそうなら、もっと多くの人が株式投資によって自由になっていると思いませんか?

残念ながら、絶対に勝てる方法はありません。でも、きっと勝てるようになる道はあります。それは、ちゃんと勉強すること。自分に必要な知識をしっかりと身につけること。少なくとも、「投資」と「トレード」はまったくの別物だという決定的事実を知らずに、株で自由は手に入りません。

【おすすめ】株式トレード8つの誤解 あなたが「株の迷宮」に迷い込まないために

あわせて読みたい記事
[執筆者]株窓編集部
株窓編集部
無防備なまま株式市場に参加して大切なお金をなくしてしまう人をひとりでも減らしたい──そんな思いから、未来の株価や相場を予測するのではなく、過去の事例やデータといった「普遍的な事実」に焦点を当てた記事を発信します。同時に、株初心者の方や、これから株を本気で始めようとしている方にもわかりやすい解説を心がけています。 →この執筆者の記事一覧へ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

【株の窓口】の最新情報をお届けします

当社は、本記事の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想及び判断は有価証券の購入、売却、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。提供する情報等は記事作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。当社は本記事の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本記事の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。
YouTube、あります。
お知らせ
» ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」に配信中。「経済」「マネー」ジャンルから株窓をチェック!
SmartNews(スマートニュース)
» 国際的ニュース週刊誌「Newsweek(ニューズウィーク)」日本版ウェブサイトに記事を提供しています。
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト