【初心者必読】たったふたつだけ、ローソク足の簡単な見方<基礎編>

全ての出来事はチャートに反映される。

株式投資をする際、指標となる情報やツールは様々あります。その中でも株価の動きを記録したグラフ、即ち「チャート」は全ての投資家にとって欠かせない存在です。なぜならば、株式市場において発表されたニュースや決算情報など全てが瞬時に株価へ反映されるからです。それを見やすく描いてくれるもの、それが「チャート」なのです。このチャートには様々な種類がありますが、その中でも広く使われてるのが「ローソク足」です。そしてなんとこのローソク足は江戸時代の日本で生まれ、米相場の取引にも利用されていたという歴史を持っています。世界中で使われている日本が誇るmade in japanがここにもひとつあったのです。

ローソク足がなぜ世界中の(プロも含めた)投資家の間で利用されているのか?
その秘密はローソク足の構成要素に隠されています。

ローソク足とは?<構成要素>

ローソク足の特徴は何といってもその見やすさにあります。
1本のローソク足の中に含まれる情報が4つあります。

「始値(はじめね)」
「終値(おわりね)」
「高値(たかね)」
「安値(やすね)」

株価におけるこの「価格」が一目でわかる。これがローソク足が世界で愛される最大の理由です。
具体的に図を使ってみてみましょう。

株価というのは毎日動きます。その動きを視覚的にわかりやすくしたものがこのローソク足です。
例えば、1日の動きを1本のローソク足で表す場合は「日足(ひあし)」を使います。
(足の種類については後ほど説明します。)

01_ローソク足とは

このように、その日のスタートの株価を「始値」といいます。そこから上昇や下落を繰り返しながら
当日の株式市場が終了した時点の株価、これを「終値」といいます。

そして、その日の内で最も高い値段が「高値」、安い値段が「安値」として記録されます。

この4つの価格をこの「ローソク足」は一本で表します。

「始値」と「終値」をつないだ四角がローソク足の「実体」。「高値」と「安値」から実体に向かって伸びる線を「ヒゲ」といいます。
※「高値」=「終値」の場合などは上段のヒゲはなくなります。

ここで問題です。「始値」と「終値」の位置がどちらかこのままでは分かりません。
そのために、ローソク足には色分けされています。

02_陽線と陰線

片方は「陽線(ようせん)」
もう片方は「陰線(いんせん)」

「陽線」はローソク足の中が白抜きになっているのが一般的です。
「陰線」はぬりつぶされています。

「陽線」は始値が終値より安い場合。

03_陽線

陰線は始値が終値より高い場合です。

04_陰線

このようにして、ローソク足の実体の色を見ることによって、株式市場で起こっている出来事がどちらに向かっているのか?を視覚的に理解することができるのです。

次に「ローソク足」の種類について説明しましょう。
主にローソク足は「1分足」「3分足」「5分足」「日足」「週足」「月足」などがあります。基準となるのは「日足」です。「日足」はその1日の株式市場の動きを表しているというのはもう皆さんご理解いただけたかと思います。

それではその「日足」が5本並ぶとどうなると思いますか?
実際に見てみましょう。

05_日足と週足の関係_03

日本の株式市場は平日の月曜日~金曜日までの5日間で取引が行われています。
この1週間をまとめた足が「週足」です。
「週足」はご覧の通り、日足を5本まとめたものとなることがお分かりになりますか?

1日目のローソク足の「始値」が週足の「始値」です。
5日目のローソク足の「終値」が週足の「終値」です。
5日間の最も高い値段が週足の「高値」となります。(図の場合3日目の高値)
5日間のもっと安い値段が週足の「安値」となります。(図の場合2日目の安値)

このように、「週足」は「日足」によって作られています。
同様に期間の短い足も同様に作られています。
「1時間足」は「15分足」が4本集まって出来ています。

06_15分足と1時間足の関係

中長期投資などで長い期間を分析し、大きい流れを把握したい場合は「月足」や「週足」
最近の値動きを見たい場合は「日足」、当日の値動きなどは「5分足」などで確認します。

個別の銘柄のチャートを分析する際にも長い足から短い足へ見ていくのが基本とされています。
少し話がそれましたので、元に戻りましょう。

次は少し変わったローソク足を紹介します。

①「大陽線」

08_大陽線

始値=安値、終値=高値の場合は白抜きの実体のみ

②「大陰線」

09_大陽線

始値=高値、終値=安値の場合は黒塗りの実体のみ

③「十字線」

10_十字線

終値と始値が同じ場合は実体が横線一本になり十字を描きます。見た目通りに、「十字線」と言われます。

④「四値同時線」

11_4値同時線

始値、高値、安値、終値が同じ場合は横一本の線になります。

それぞれ日足の場合として考えてみましょう。
①は市場が始まった9時から終了する15時まで上昇し続けたということになります。(途中上下があったとしても、最終的に最高値で引けたということ)とすると、どうでしょう?とても上昇力が強いように見えますね。更にこのローソク足の「実体」が大きい場合(大陽線といいます)相場の転換点となる時がありますのでチャート上で検証してみてください。

②は①の反対ですね。非常に強い下げ・下落です。実体が大きい場合は大陰線といいます。

③は上下したけれども、始値に戻ってきたということですから、相場が迷っている(上がってほしいひとと下がってほしい人が均衡している)状態であるということがわかります。高値圏や安値圏での十字線を相場の転換点のサインの一つとして考える投資家も存在します。

④は1日にその値段しかついていないということですから、出来高の非常に少ない銘柄などのチャートで確認できます。またストップ高やストップ安などで値が動かなかったということも想定できます。こういった銘柄は取引を避けるなど注意ポイントとして把握しておくことも良いと思います。

まとめ

「ローソク足」には投資家の心理が現れると言います。
日本人が発明し、江戸時代より利用されるこのツールを通して株式市場からのメッセージ、参加する投資家の心理状況をつかみご自身の投資戦略の一助になるよう知識と経験を積んでいただけばと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【株の窓口】の最新情報をお届けします

SNSでもご購読できます。

 
当社は、本記事の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想及び判断は有価証券の購入、売却、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。提供する情報等は記事作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。当社は本記事の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本記事の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

コメントを残す

*