株は「5月に売れ」って本当? 過去12年のセルインメイを検証してみた

相場の世界には「アノマリー」と呼ばれるジンクスのようなものが結構たくさんあります。その中でも有名なもののひとつが「Sell in Mayセルインメイ)」。つまり「5月に売れ」ということですが、それは本当でしょうか? 過去12年の株価から、このアノマリーの真偽を検証してみます。

「Sell in May」の本当の意味

「5月に売れ」というこのアノマリーを、「5月は下がる(だから売り)」という意味だと思っている人は多いのですが、実は「Sell in May」はアノマリーの一部にすぎず、まだ続きがあります。

Sell in May and go away, don’t come back until St Leger day.
5月に売れ。その後は出て行き、セントレジャー・デーまで戻って来るな

「セントレジャー・デー」というのは、イギリスで有名な競馬レース「セントレジャーステークス」(世界最古のクラシックレースだそうです)が開催される日のこと。どうやら、このアノマリーはイギリス生まれのようです。

その「セントレジャー・デー」は毎年9月の第2土曜日。つまり、「5月に売ったら9月半ばまでは相場から出て行け」というのが、このアノマリーの正しい姿になります。

なぜ5月に売ったほうがいいのか?

では一体、どうして5月に売って9月まで戻ってきてはいけないのか、という疑問が浮かびますが、それに答えるには、このアノマリーが生まれた欧米の市場について考えてみる必要があります。

夏に長期のバカンスをとる習慣のある欧米では、夏場(6〜9月)は市場参加者も少なくなり、取引が軟調になる(活発な取引が行われない)という傾向があります。そのため、5月のうちに持っている株を売って、夏の間は相場から離れていたほうがいい、ということなのです。

要するに、このアノマリーが最も伝えたいことは、「夏の相場は軟調(だから気をつけよ)」ではないでしょうか。やけに回りくどい気もしますが、アノマリーやジンクスというのは往々にして、そういうものなのでしょう。

アノマリー検証・12番勝負

真の意味がわかったところで、じゃあ本当にアノマリーどおりに行動すればいいのか、を検証してみましょう。検証方法はいろいろと考えられますが、ここではアノマリーに〝忠実に〟従ってみたいと思います。

「5月に売って9月半ばに戻ってくる」ということは、言い換えると「9月半ばに買って5月に売る」ということでもあります。そこで「9月第2土曜日の次の月曜日に買い → 翌年5月の最終日に売る」とどうなっていたのか、過去12年のダウ平均株価の成績を、チャートとともに一挙にご紹介します。

・2005年9月12日に買い → 2006年5月31日に売る

2005年9月12日の始値:10,678.41ドル
2006年5月31日の終値:11,168.31ドル
 ↓
+489.90ドル

・2006年9月11日に買い → 2007年5月31日に売る

2006年9月11日の始値:11,389.87ドル
2007年5月31日の終値:13,627.64ドル
 ↓
+2,237.77ドル

・2007年9月17日に買い → 2008年5月30日に売る

2007年9月17日の始値:13,441.95ドル
2008年5月30日の終値:12,638.32ドル
 ↓
−803.63ドル

・2008年9月15日に買い → 2009年5月29日に売る

2008年9月15日の始値:11,416.37ドル
2009年5月29日の終値:8,500.33ドル
 ↓
−2,916.04ドル

・2009年9月14日に買い → 2010年5月28日に売る

2009年9月14日の始値:9,598.08
2010年5月28日の終値:10,136.63ドル
 ↓
+538.55ドル

・2010年9月13日に買い → 2011年5月29日に売る

2010年9月13日の始値:10,458.60ドル
2011年5月29日の終値:12,569.79ドル
 ↓
+2,111.19ドル

・2011年9月12日に買い → 2012年5月31日に売る

2011年9月12日の始値:10,990.01ドル
2012年5月31日の終値:12,393.45ドル
 ↓
+1,403.44ドル

・2012年9月17日に買い → 2013年5月31日に売る

2012年9月17日の始値:13,588.57ドル
2013年5月31日の終値:15,115.57ドル
 ↓
+1,527.00ドル

・2013年9月16日に買い → 2014年5月30日に売る

2013年9月16日の始値:15,381.36ドル
2014年5月30日の終値:16,717.17ドル
 ↓
+1,335.81ドル

・2014年9月15日に買い → 2015年5月29日に売る

2014年9月15日の始値:16,988.76ドル
2015年5月29日の終値:18,010.68ドル
 ↓
+1,021.92ドル

・2015年9月14日に買い → 2016年5月31日に売る

2015年9月14日の始値:16,450.86ドル
2016年5月31日の終値:17,787.20ドル
 ↓
+1,336.34ドル

・2016年9月12日に買い → 2017年5月31日に売る

2016年9月12日の始値:18,028.95ドル
2017年5月31日の終値:21,008.65ドル
 ↓
+2,979.97ドル

アノマリーは「法則」ではない

なんと、過去12年のうち10回は、アノマリーに従って売買していれば利益になっていました。実に、10勝2敗。なかなかの好成績です(ちなみにアノマリーが破れた2007〜2009年は、住宅バブル崩壊〜リーマンショック〜世界金融危機の時期と重なります)。

やっぱりアノマリーは正しいのだ!という気もしてきますが、ちょっと待ってください。このアノマリーが生まれたのはイギリスでした。しかし、ここで見たのはアメリカのダウ平均株価です。

そのアメリカでは、アノマリーの最後は「セントレジャー・デー」ではなく「ハロウィーン」とされているようです。ハロウィーンは10月31日。つまり、「5月に売ったら10月いっぱいは戻ってくるな」ということ。ずいぶんと長いバカンスですね。

このようにアノマリー自体が形を変えているので、これを「勝利の方程式」のように信じるのは危険ですが、長年にわたる相場傾向からの注意喚起だとは言えるでしょう——「夏の相場は軟調」。

ただし、これがそのまま日本の相場に当てはまるかどうかは、また別問題です。それに、相場全体の傾向としてはそうであっても、個別の銘柄も同じ動きをするとは限りません。他の多くのアノマリー同様に、これだけを頼りに投資判断を下すことのないよう、ご注意ください。

【おすすめ】なぜ明日上がる銘柄がわかるのか? 元手30万円を億に変えた銘柄選びを大公開!

2018/04/24
あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

【株の窓口】の最新情報をお届けします

株は「5月に売れ」って本当? 過去12年のセルインメイを検証してみた」の著者
網代 奈都子
網代 奈都子
[あじろ・なつこ]30代OL。仕事のかたわらトレードを行っており、そのスキルを磨くべく日々勉強中。目下の目標は年間の利益100万円。安定した利益を出し、ペット可物件に引っ越すのが夢。
当社は、本記事の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想及び判断は有価証券の購入、売却、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。提供する情報等は記事作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。当社は本記事の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本記事の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。