「公募割れ」の記事

やっぱり強いAI関連。なんとか連勝記録を延ばした10月のIPO市場を振り返る

《「確実に儲かる」として個人投資家に人気のIPO株投資。ただ近年は、そんな「夢の時代」にも陰りが見えてきました。上がる株と下がる株は何が違う... 

公募割れが多発する2022年のIPO市場 最も多いのはみずほ、では公募割れゼロの証券会社は?

主幹事ランキングで振り返るIPO 2022年は8月までに計43銘柄がIPO(新規株式公開)を行いました。 そこで今回は、2022年8月までの... 

AI関連の強さは健在。復調が期待される7月のIPO市場を振り返る

《IPOの件数は4銘柄と少なかったものの、初値騰落率は−10%から+133%まで幅の大きい結果に。人気テーマの実力が垣間見られた7月のIPO... 

ホームランは出たが4割が公募割れ… 明暗の分かれた6月のIPO市場を振り返る

《株価が6倍にもなった話題の銘柄もあった一方で、実に4割の銘柄が公募割れに……。IPOの明と暗がくっきり分かれる形となった6月のIPO市場を... 

IPO投資の「常勝神話」が崩壊したいま、負けないIPO株をつかむために必要なこと

《日本のIPO市場は例年、ゴールデンウィークでひと区切りとなります。そこで今回は、2022年5月までのIPOを振り返り、後半戦に向けた対策を... 

IPO抽選に外れても公募割れでも大丈夫。まだ、セカンダリー投資という道が残っています

《IPO株投資は抽選に当たらなければ買えませんが、上場さえしてしまえば、誰でも自由に売買できるようになります。それがセカンダリー投資。時には... 

年末のIPOラッシュが到来 上がる株・下がる株を見極めるには何に気をつければいいのか

《個人投資家に根強い人気のIPO投資。この年末には、かつてない“波”がやってくると見られています。チャンスをつかみ取るために知っておきたいこ... 

公募割れが多発した2021年上期のIPO市場を振り返る

《2021年上期のIPO(新規株式公開)の数は53社(TOKYO PRO Marketを除く) で、2008年のリーマンショック以降の上期で... 

IPO公募割れを引き起こす3つの要因と3つの共通点

公募割れは「避けられる悲劇」 個人投資家に大人気のIPOですが、ここ数年、全体の1割程度は初値が公募価格を下回る「公募割れ」となっています。... 

ソフトバンクの悲劇は想定内 公募割れ銘柄に共通する5つの条件とは

ソフトバンクのIPOに1億6000万円を投じた男性の話がニュースになっていました。結果は約500万円の損失。それを聞いて「IPOは怖い」と思... 

IPO公募割れ銘柄の復活劇に見る「セカンダリー投資」の醍醐味

IPO(新規上場)は、いわばアイドルのデビューイベントのようなもの。勢いのある若手の新人(銘柄)が華々しく誕生し、そのチケット(株)には2倍... 

まさかの公募割れ!を回避する 「損しないIPO銘柄」の見極め方

IPO投資は「当選すれば儲かる!」と人気の手法です。抽選に申し込んでも当選することはまれですが、だからこそ運良く当選した場合には、ついつい飛... 
お知らせ
» NTTドコモのマネーポータルサイト「dメニューマネー」に記事を提供しています。
dメニューマネー
» 国際的ニュース週刊誌「Newsweek(ニューズウィーク)」日本版ウェブサイトに記事を提供しています。
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
» ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」に配信中。「経済」「マネー」「株・投資」ジャンルから、かぶまどをチェック!
SmartNews(スマートニュース)
トヨタを買って大丈夫?