「IPO」の記事

公募割れが多発した2021年上期のIPO市場を振り返る

《2021年上期のIPO(新規株式公開)の数は53社(TOKYO PRO Marketを除く) で、2008年のリーマンショック以降の上期で... 

決算発表、IPO、SQ…… 株価と相場に影響を与えるイベントとは

株価に影響を与える「イベント」とは 株式投資で最も大切なのは、「どれを買うか」よりも「いつ買うか」です。「善は急げ」と言われても、株の場合は... 

優良銘柄なのに株価は低迷……その原因は「オーバーハング」かもしれない

《好業績なのに株価が下落したり、業績がパッとしないのに株価が上昇したり……。時に不可解な動きを見せる株式市場ですが、優良銘柄に実力以下の低い... 

やっぱりIPOには夢がある! 過去最高も出た、2020年・初値上昇額ランキング

《コロナ禍におけるIPO市場はどうだったのか。公募割れや上場中止が相次ぐ一方で、過去最高の初値上昇率も誕生。IPOバブルから上場ラッシュまで... 

【株の失敗談】人には言えない恥ずかしいミス10連発

《人は、他人には「うまくいった話」を自慢したいものです。そのため「こんなミスをやらかしました……」という赤裸々な体験談はなかなか聞けません。... 

IPOに当選しなくても大丈夫。セカンダリー投資ならチャンスは何度でもやってくる

《当選ありきのIPO投資には「どうせ当たらないでしょ」と思っている人も多いかもしれません。でも、上場後にやってくる2度目のチャンスがセカンダ... 

株価は初値を超えて… IPO銘柄にも現れたコロナの影響

いつもと違う動きを見せるIPO銘柄 IPO(新規株式公開)では初値こそ高くなりやすいものの、その株価を維持できる銘柄はそう多くありません。投... 

IPO株がまさかの逆テンバガー 上場直後の株価急落リスクとは

まさかの「逆テンバガー」 個人投資家のAさんは、注目を集める話題の企業がIPO(新規株式公開)を実施すると知り、抽選に応募したものの外れてし... 

IPO公募割れを引き起こす3つの要因と3つの共通点

公募割れは「避けられる悲劇」 個人投資家に大人気のIPOですが、ここ数年、全体の1割程度は初値が公募価格を下回る「公募割れ」となっています。... 

IPOで株価はどうなる? 2019年・初値上昇額ランキング

IPOは本当に勝てるのか? IPO(新規公開株式)は個人投資家にとってお祭りのようなもの。初値で売った場合の勝率が8割以上ということで、株初... 

ロックアップ解除でIPO株が突如大暴落!? 悲劇を防ぐ方法とは

  12月はIPOラッシュ。勝率9割を超えるといわれ、個人投資家に人気の投資手法となっていますが、好調な株価に浮かれていると突然、... 

話題をさらった大型IPO銘柄 その後の株価はどうなっている?

メルカリやソフトバンクなど身近な企業の上場が相次いだことで、初心者にも人気のIPO。2018年にはついにテンバガー(10倍株)も登場しました... 

ソフトバンクの悲劇は想定内 公募割れ銘柄に共通する5つの条件とは

ソフトバンクのIPOに1億6000万円を投じた男性の話がニュースになっていました。結果は約500万円の損失。それを聞いて「IPOは怖い」と思... 

プラス445万円のヒーローも誕生! 2018年・IPO初値爆上げランキング

> メルカリやソフトバンクなど大型案件が続いているIPO。これまで興味がなかったが少し気になっている、という人もいるでしょう。一体、IPOで... 

IPO公募割れ銘柄の復活劇に見る「セカンダリー投資」の醍醐味

IPO(新規上場)は、いわばアイドルのデビューイベントのようなもの。勢いのある若手の新人(銘柄)が華々しく誕生し、そのチケット(株)には2倍... 
お知らせ
» ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」に配信中。「経済」「マネー」ジャンルから、かぶまどをチェック!
SmartNews(スマートニュース)
» 国際的ニュース週刊誌「Newsweek(ニューズウィーク)」日本版ウェブサイトに記事を提供しています。
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
トヨタを買って大丈夫?