山下耕太郎

[やました・こうたろう]一橋大学経済学部卒業。証券会社でマーケットアナリスト・先物ディーラーを経て、個人投資家に転身。投資歴20年以上。現在は、日経225先物・オプションを中心に、現物株・FX・CFDなど幅広い商品で運用を行う。趣味は、ウィンドサーフィン。ツイッター@yanta2011 先物オプション奮闘日誌 かぶまどアワード2020大賞

プロが愛用する証券会社 トレーダーに大事なのは手数料とツールと…

《マーケットアナリスト・先物ディーラーを経て、個人投資家に転身。投資歴20年以上のトレーダー・投資家は一体どの証券会社を使っているのか。取引... 

「テーパリング」で何が起きる? 株価や景気に与える影響を考える

《高まるインフレ懸念にとともに、株式市場では金融政策「テーパリング」の話題が増えてきました。テーパリングが始まると一体なにが起こるのか? 過... 

いまさら聞けない「GPIF」 世界最大の機関投資家の運用方針を投資に生かす

《GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は、150兆円を超す運用資産を持つ世界最大の機関投資家。長期投資かつ分散投資で安定的なパフォーマ... 

株式投資にアノマリーは役立つ? トレーダーがやっている1週間の相場予測

《株の世界には様々な「アノマリー」があります。必ずしもアノマリーどおりに動くわけではありませんが、成功するトレーダーは曜日ごとのアノマリーも... 

公募割れが多発した2021年上期のIPO市場を振り返る

《2021年上期のIPO(新規株式公開)の数は53社(TOKYO PRO Marketを除く) で、2008年のリーマンショック以降の上期で... 

いまさら聞けない「ナスダック」 ダウとの違いや金利との関係、おすすめファンド

いまさら聞けない「ナスダック」 ナスダックとは ナスダック(NASDAQ)は、世界最大の新興(ベンチャー)企業向けの株式市場で、日本のマザー... 

いまさら聞けない「S&P500」 ダウ平均との違いや上手な使い方、おすすめETFなど

《ニュースなどでよく耳にする「S&P500」という言葉。アメリカの経済を把握するには避けては通れない用語ですが、その意味や算出方法を... 

いま注目の「CRB指数」とは? インフレの指標が日本株に影響する理由

《コロナショック後の金融緩和が続くアメリカでは、急速な経済回復とともにインフレへの懸念が生じています。こうした状況で注目されるのが、コモディ... 

いまさら聞けない「ダウ平均株価」 世界の相場を動かす30銘柄を注視せよ

《日々、ニュースで見聞きする「ダウ」という単語。もちろん、アメリカの「ダウ平均株価」だということはご存じでしょうが、なぜそれが重要な情報とし... 

好調続く資源価格 その裏側にある思惑と、いま狙うべき銘柄とは

《原油や銅などの資源の価格が上昇していることで、「コモディティ投資」の人気が高まっています。燃料や原材料に多く使われる資源の価格高騰は経済に... 

迫る東証の市場再編。そのとき、投資家の動きはどう変わるのか

《東京証券取引所による上場市場の再編作業が、2021年から本格化します。各市場の位置づけが明確になり、既存企業はどの市場に入るかの選択次第で... 

ダウやナスダックより伸びた小型株 知っておきたい「ラッセル指数」とは

《2020年末からの世界的な株価上昇において、アメリカの株価指数の中でも特に大きな上昇を見せているのがラッセル指数です。日本ではそれほど知名... 

半導体関連銘柄の今後はどうなるのか。気にしておきたい「SOX指数」とは

上昇を続ける半導体銘柄たち 近年、5Gや自動運転をはじめとするAI用途など複数の要因が重なり、半導体業界を取り巻く環境が良好です。さらに、コ... 

ゲームストップ事件のロビンフッドと、その急成長を支える「HFT」

《リモートワークで時間が増えたことで、アメリカでも個人投資家が増えました。そんななか、SNSを通じて結託した個人投資家たちが、ヘッジファンド... 

日経平均3万円はバブルなのか? 史上最高値へ向けて必要なものとは

《2021年2月15日の日経平均株価は30,084円で取引を終了し、1990年8月以来、30年ぶりに3万円の大台を突破しました。1989年1... 
お知らせ
» ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」に配信中。「経済」「マネー」ジャンルから、かぶまどをチェック!
SmartNews(スマートニュース)
» 国際的ニュース週刊誌「Newsweek(ニューズウィーク)」日本版ウェブサイトに記事を提供しています。
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
トヨタを買って大丈夫?