取引のテクニック

売買単位が100株に統一! 株式併合されると株価への影響はどうなの?

株式を購入しようと発注する際に、「この銘柄って100株単位? それとも1000株?」と迷った経験はありませんか? 1000株だと最低投資金額が大きすぎて仕方なく断念……なんてこともあって困りますよね。...

株主優待狙いの裏技&注意点 「1泊2日の甘い夢」は悲劇の始まりかも?

株主優待が大ブームの今、レストランや映画の無料券、食品や日用品、クオカードなどの金券や株主限定商品、地方の特産品など、バラエティ豊かで魅力的な優待が増えています。しかし、「優待がほしい!」だけで投資す...

売買記録をつけてみた 苦行すぎる習慣が塩漬け回避の切り札となるか?

脱「なんとなく投資」のために、しなくてはいけないことのひとつは「記録をつけること」。投資の記録、つけていますか? いつ、何を、いくらで売買し、いくらで決済したか。記録をつけないと自分のクセも、失敗の原...

プロはここを見ている! 株式市場の「時間割」を極めよう

みなさんは、株式市場に「時間割」があることをご存じでしょうか? 投資経験のある人なら、朝9時からスタートして15時に終了、11時半〜12時半はお昼休憩ということはご存じだと思います。しかし、実はもっと...

絶対ダメ! 信用取引をやってはいけない人の3つのパターン

証券会社から資金や株券を借りることで、手持ち資産の3倍程度の取引が可能になる「信用取引」。下げ相場でも利益を出せる手法のひとつですが、ハイリスク・ハイリターンでもあり、誰でも儲けられるものではありませ...

空売りできない銘柄もある? 信用取引の仕組みを知る

「私が買った株はすぐに下がる。きっと神様が見ていて意地悪しているのね」。もしかしたらあなたも、そんなふうに思ったことがあるかもしれません。この対処方法(下げを利益にする)といえば、信用取引口座による「...

株価が下がると損をすると思っていませんか? 「空売り」という選択肢

「株価が下がる」ことは、個人投資家にとって損をする場面だという認識をお持ちではありませんか? 実は、そんなことはないのです。では、どうすればいいのか? 株を「買う」ではなく「売る」という選択肢を考えて...

ドルコスト平均法は優れた投資手法なのか? NISAが始まった2014年から検証してみた

株式投資をはじめようとするといくつかの手法に出合う。その中で比較的前半に現れるのがテクニカル分析に出てくる「ゴールデンクロス」と、この「ドルコスト平均法」ではないかと思う。これは「優良銘柄を見つける方...

これで納得! 5分でわかるNISAのメリット・デメリット

2014年1月、「NISA(ニーサ)」と呼ばれる少額投資非課税制度がスタートしました。配当や譲渡益が非課税になるというメリットばかりに目がいき、その陰に隠れたデメリットを知らないままに、「気づいたら損...

お知らせ

「株の窓口」ではライターを募集しています。詳細はこちらから。
ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」に配信中。「経済」「マネー」ジャンルから株窓をチェック!
SmartNews(スマートニュース)
国際的ニュース週刊誌「Newsweek(ニューズウィーク)」日本版ウェブサイトに記事を提供しています。
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト