「機関投資家」の記事

いまさら聞けない「GPIF」 世界最大の機関投資家の運用方針を投資に生かす

《GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は、150兆円を超す運用資産を持つ世界最大の機関投資家。長期投資かつ分散投資で安定的なパフォーマ... 

なぜ、機関投資家が買った株は上がるのか。その理由と活用法を考えてみる

《機関投資家が大量保有した株式は、その後の株価が上がりやすいと言われています。それはなぜでしょうか? 実は、彼らの行動を真似したり、時には注... 

いま日本株を買っているのは誰なのか? 傾向から今後の相場展開を探る

株式市場にはさまざまな人々が参加し、売買を行っています。個人や企業(事業法人、金融機関)、外国人、政府、その他法人などです。実際、どのような... 

売り越し? 買い越し? 売買動向から市場の心理を読み解く

「外国人がこれまでの買い越しにまわった」「個人の売り越しが続いている」といったニュースを、あなたも見聞きしたことがあるのではないでしょうか。... 

噂の「アクティビスト」の実態 企業に圧力をかける「物言う株主」の存在意義とは

よく耳にするようになった「アクティビスト」。かつてはネガティブなイメージの強かった「物言う株主」ですが、近年その立場は変化してきています。そ... 

いまさら聞けない「機関投資家」 その正体と株価への影響力

《「機関投資家」とは巨額の取引を行う集団であり、株式市場に大きな影響力を持っています。でも、そもそも「機関投資家」とは、どのような投資家を言... 

株価に大きな影響を与える「外国人投資家」とは何者か? その動向を探る

現在、日本株の6割以上が海外のファンドなどの「外国人投資家」によって売買されていると言われます。彼らは株価にどんな影響を与えているのでしょう...