みんなの株の失敗談 まだまだ出てくる恥ずかしいミス10連発

人は、他人には「うまくいった話」を自慢したいものです。そのため「こんなミスをやらかしました……」という赤裸々な体験談はなかなか聞けません。大好評だった前回の記事に続き、またまた個人投資家のみなさんの「恥ずかしい過去」を一挙にご紹介いたします。

卵はひとつの籠に盛ってはいけません。

1銘柄に全額投資して300万円の損

Kさんはインバウンドで資生堂<4911>が好調と知り、運用資金の全額を同銘柄に注ぎ込んでしまいました。その額、300万円也。

しばらくすると株価が3,000円から2,500円を割り込み、50万円の含み損になったため、Kさんは慌てて売却。ところがその後、株価は大幅に上昇します。しかしながら、もはやKさんには再度買う勇気も余裕も残っていませんでした。

運用資金に対して1銘柄の投資額が大きいと平常心が保てないことを知り、高い授業料だったとため息をつくKさんなのでした。

[そんなKさんに読んでほしい]

いきなり大きな損失を出さないために絶対知っておくべき5つのポイント

バリュー株という名の万年割安株

「バリュー株投資はリスクが小さい」と聞いたLさんは、早速スクリーニングをして、数銘柄のバリュー株を購入しました。しかし、どれも株価が下落したままテコでも動かない「万年割安株」となってしまい、我慢し切れなかったLさんはすべて損切りしたそうです。

[そんなLさんに読んでほしい]

PBR1倍割れは本当にバーゲン価格? 見方を変えて「万年割安株」を回避する

IPOだけを追いかけた人の末路

新規公開株式(IPO)は、上場直後に株価が大幅に上がり、初値で売るだけで利益を上げられる例も多くあります。「これは儲かる!」と思ったMさんは、片っ端から抽選に申し込み、見事、中小型液晶パネルのジャパンディスプレイ<6740>の抽選に当選しました。

しかしMさんの期待とは裏腹に、同社株は900円の公募価格(つまりMさんの購入価格)に対して、ついた初値は769円。実に14.6%も下回ってしまいました。

[そんなMさんに読んでほしい]

まさかの公募割れ!を回避する 「損しないIPO銘柄」の見極め方

優待株投資だから大丈夫ってほんと?

優待タダ取りのはずが逆日歩発生!

株主優待をタダ取りしようと、Nさんは伊藤ハム<2284>(現在は上場廃止→伊藤ハム米久HLD<2296>へ)を「クロス取引」で購入しました。

ところが、予想もしていなかった「逆日歩」が発生。しかも米久との合併の影響で、逆日歩は1株あたり36円もつき、1,000株で5,000円相当だったはずの優待商品のハムが、実に3万6,000円という御歳暮並みの高級ハムになってしまいました。

[そんなNさんに読んでほしい]

株主優待狙いの裏技&注意点 「1泊2日の甘い夢」は悲劇の始まりかも?(「クロス取引」および「逆日歩」についても、こちらの記事をご参照ください)

権利確定後に優待廃止の悪夢!

Oさんは、カタログ通販大手のニッセンHD<8248>(現在は上場廃止)を優待目当てで持っていました。ところが2015年2月、同社は業績悪化を理由に、前年12月に遡って株主優待を廃止することを発表。当然のように、株価も急落しました。

株主優待の内容の変更は、取締役会の決議だけで決定することができます。そのため、株主からすると突然変更されたり、廃止されたりすることがあり得るのです。業績の確認もせずに優待目当てだけで買ってしまったことを、Oさんはいまも後悔しています。

[そんなOさんに読んでほしい]

おいしい株主優待に隠された「思惑」を、企業の視点で考える

優待改悪、減配、株価下落のトリプルパンチ!

テレビでKeyHolder<4712(旧:アドアーズ)>の株主優待を観たPさん。2,000株以上の保有で高級リラクゼーションサロンのチケットなどがもらえるというもので、加えて配当利回りも20%以上あり、これはお得♪と喜び勇んで2,000株を購入しました。

その矢先、同社は株主優待に必要な株数を2,000株から3,500株に変更。Pさんの保有数では優待を受けられないことになりました。悪いことは続き、配当金を2円から1円に減配するとの発表が。これを受けて株価は10%以上も急落。Pさんにとっては、非常に高い買い物となったわけです。

[そんなPさんに読んでほしい]

10万円でオーナー気分! 株主優待の知られざる魅力とは?

[配当狙いならこちらもおすすめ]

年利3%以上も!高配当をゲットできる銘柄の間違わない探し方

優待条件を勘違いして……涙

優待目当てでトランザクション<7818>に投資しようと考えたQさんは、とりあえず100株を発注し、めでたく約定しました。

がしかし、同社の株主優待は200株以上を保有(現在は100株)している株主が対象だったのです。Qさんが自分の勘違いに気づいたときには株価が高騰しており、もう手を出せない価格に。もちろん優待の権利は得られず、Qさんは誤発注した自分を責めることしかできませんでした。

[そんなQさんへの朗報]

今回、周りの個人投資家たちに取材してみて、意外と多かったのが発注ミスです。ベテランでも「実はやったことがある」という声が多く聞かれました。ということで、最後に誤発注ネタを集めてみました。

人の振り見て我が振り直しましょう。

「100株」と「200株」でクロスできず、の巻

Rさんは株主優待をタダ取りできる「クロス取引」をしようと、ある銘柄で「信用売り」「現物買い」を同時に行いました(「クロス取引」についてはこの記事をご参照のこと)。

……はずが、100株を現物買いしたのに対して信用売りしたのは200株だったことが判明。慌てて100株を買い戻したものの、その間に株価が上昇し、結果的にRさんは損失を出すはめになってしまいました。

「指値」と「逆指値」に惑わされる、の巻

Sさんが保有していた某株はストップ高を続けていました。Sさんは暴落を恐れて、購入金額を下回ったら売却できるよう、指値で売り注文を出しておきました。

しかしSさんの心配をよそに、株価はさらに上昇。「さらに儲かって良かった」と喜んだSさんでしたが、注文状況を確認してみると、同社株がすでに「売却済み」となっているではありませんか。

そうです、売りの「指値」は「〇円以上なら売却」という注文。このときのSさんの場合、本来は「〇円以下で売却」という「逆指値」で発注すべきだったのです。

落とし穴は「売」と「買」の間に……の巻

株デビューしたばかりのTさん。トヨタ自動車<7203>を保有していましたが、含み益が出たので売却しようと思い、インターネットで発注しました。

ところが後日確認してみると、保有している株数が倍になっていました。まさかの「売」を「買」と間違えて発注ミスしていたのです。「こんな落とし穴があったとは……」と、いまだにショックを隠せないTさんなのでした。


「自分はこんなミスは犯さない」と思う方かもしれませんが、今回お話しを聞かせてくださった方々も、きっと同じように思っていたはずです。あり得ない(はずの)自分のミスについて話すときの、みなさんの悔しそうな表情がとても印象的でした。

くれぐれも注文は慎重に。

【耳が痛くなったすべての個人投資家に読んでほしい】

株の失敗談・あるある10選 耳が痛くなった人のための処方箋つき

2018/01/16
あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

【株の窓口】の最新情報をお届けします

みんなの株の失敗談 まだまだ出てくる恥ずかしいミス10連発」の著者
岡田 禎子
[おかだ・さちこ]証券会社、資産運用会社を経て、ファイナンシャル・プランナーとして独立。資産運用の観点から「投資は面白い」をモットーに、投資の素晴らしさ、楽しさを一人でも多くの方に伝えていけるよう活動中。個人投資家としては20年以上の経験があり、特に個別株投資については特別な思い入れがある。さまざまなメディアに執筆するほか、セミナー講師も務める。現在テレビ東京系で放送中のドラマ「インベスターZ」の脚本協力もしている。 日本証券アナリスト協会検定会員(CMA) ファイナンシャル・プランナー(CFP®)
当社は、本記事の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想及び判断は有価証券の購入、売却、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。提供する情報等は記事作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。当社は本記事の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本記事の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。
友だち追加

お知らせ

ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」にも配信中! 「経済」「マネー」ジャンルから株窓をチェック!
SmartNews(スマートニュース)
小学館の雑誌「マネーポスト」ウェブサイトと、株の窓口の提携がスタートしました!
マネーポストWEB
国際的なニュース週刊誌「Newsweek(ニューズウィーク)」日本版ウェブサイトでも、株の窓口の記事をお読みいただけます!
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト